サポレジを見つけるシャチ


サポート・レジスタンス、つまり支持線・抵抗線には、破られやすいもの、最後までホールドするもの等さまざまあります。サポレジの強い銘柄やペアを判断する簡単な方法がありますので、シャチのシャム君に講義をしてもらいました。

講義の様子

講義の様子

簡単に説明すると、サポート・レジスタンスはゴムボートのようなもので、多くの点で支持されているほど上に乗れる人が多くなる、つまり強度が強くなります。さらに、その支持される方法を見ることで、どちらのチャートがホールドする可能性が高いかを見分けることができます。

こちらの講義は、「負けないトレード実践編」に本日夕方、追加アップロードされています。

レクチャーの場所

レクチャーの場所

今回の講義以外も、少しずつですが新たな内容を追加アップロードしています。
※ 既存の受講生の方は、もちろん新しい講義を全て視聴して頂けます。



2015年5月追加講義:2大テーマを例え話で分かりやすく説明

    • 負けを避けるために絶対に必要な要素 (テキスト)
    • 負けを避けるために絶対に必要な要素①|東京か北海道か? (04:24)
    • 負けを避けるために絶対に必要な要素②|玉子焼きは半熟か? (02:26)

2015年5月追加講義:方向を味方に付けるために必要な考え方と道具

  • 章の目的 (テキスト)
  • 欧米のプロトレーダーが方向判断で必ず使う鉄則を公開 (08:48)
  • ライントレードとは|日本での注目度も相場に影響を与える (01:55)
  • トレンドライン|引き方で強度が変わる理由 (08:40)

その他

  • 2015/03/26 ブレークアウトを効率的に捉えるエントリーの方法 (08:11)
  • どちらのSRに乗るか?シャチに見立てた実トレード例から掴む (09:53)
  • もし他のコースも受講したくなった時には・・・10%OFFクーポン
負けないトレード実践編

負けないトレード実践編

→ 負けないトレード実践編

簡単なことこそ、いざというときに真価を発揮するものかもしれませんね。

それでは、ハッピー・トレーディング!


About The Author

佐々木徹 (ささきとおる)

欧米式のトレード方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、現役トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2100名を超える受講生をもち、2014年にはUdemyで日本人初のトップ15講師入り。株式会社ファム代表取締役。講義一覧はこちら。