米金利がビットコインを追うミステリー


halloween

まもなくハロウィーンですね!

アメリカの子供には人気No.1イベントだそうで、ユタに住んでいた頃、バケツ一杯分くらいお菓子を準備してました。そして子だくさんの街では、すぐになくなり途中退場となったことを覚えています。

このハロウィーン、開催前には学校から注意喚起のビラが回ってきます。手作りお菓子にカミソリが入っていた事件があったりしたため、お菓子は市販の未開封以外は食べないように、だそうです。

またパレードの日は、空き巣や犯罪が増えるため、町ごとに開催する日が事前に決まっています。そして当日は、1ブロックごとに警察の方が目を光らせていたのを覚えてます。

楽しいイベントを続けるためには、裏方さんの努力が必要になるのは、どこでもおなじですね。警官の方、ご苦労さまです。

 

米金利がビットコインを追うミステリー

そんなハロウィンが近づくなか、今、トレードをしている人が最も気になっているテーマは何でしょう?

トランプさんの勝敗か?ドゥテルテ大統領と中国の関係はどうなるか?米国へのサイバー攻撃は誰が仕掛けているのか?いろいろでしょうね。

そのなかでも、米国がFF金利を上げるか?という点こそ、取引に関わる人の注目ごとではないでしょうか?

そこで登場するのが、縁もゆかりもなさそうな暗号通貨の親玉、ビットコインです。

ちょっと関係薄そうですね?私もそうだと思ってました、下のチャートを見るまでは。



ローソク足が米ドル建てのビットコイン、青色の折れ線がFF金利先物の価格です。

なんだか、、、ビットコインが先に動いて、後からFF金利価格が追いかけているように見えませんか?というか、そういうふうに動いています。

半減期をむかえる前ころから、この奇妙な動きが続いています。なぜなんでしょうね。後づけの理由なら、いくらでも出せるでしょうが、そんなことよりも、事実としてFF金利よりビットコインが先に動いているというのが面白いです。

ちなみにビットコインは記事を書いている本日10月23日現在の価格が$660。土日にビットコインは値を上げてますから、もしもこの得体の知れない関係性が生きているなら、米国FF金利が下がっていく(価格は上がる)ことになるのでしょうか??

ちなみに値動きの方は、1年すこし前には$260、7月にはこんな記事も書いていましたが、年間上昇率153%!買っていた方はおめでとうございます!

それにしても、FF金利とビットコインの秘められた関係は、ハロウィンとともに消えるオバケか偶然か?

ブログに貼ったチャートは、右三角を押すと、その後のチャートがリアルタイムで反映されますので、気になった方は、たまに戻ってきてチェックしてみてくださいね。

週末チャートからお届けでした。

ハッピーハロウィン!


About The Author

佐々木徹 (ささきとおる)

欧米式のトレード方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、現役トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2100名を超える受講生をもち、2014年にはUdemyで日本人初のトップ15講師入り。株式会社ファム代表取締役。講義一覧はこちら。