⍟ 予兆?トランプ相場で爆上げのドル円と金利に小さな変化


大統領選前に出たトランプ氏当選→円高の懸念は跡形もなく吹き飛び、いまやドル円も110円を超える荒れっぷり。ところが、そのドル円に強い影響を与える米国金利のマーケットでは、小さな異変が起こっています。ドル円5分足のチャートも使いながら、変化の予兆を見ていきましょう!

5分足でドル円と米国金利を並べたら?

下のチャートは5分足のドル円と米国金利を並べたものです。お互いに影響を与えながら動いていることが、よくわかりますね。

usdjpy5m

ローソク足はドル円、バーチャートが金利です。

金利と聞くと、数年は変わらない銀行預金を思い浮かべるのが一般的ですが、相場では金利自体がミクロの世界で取引され、FXにも多大な影響を与えています。

このチャートを日足までズームアウトすると、下のようになります。

usdjpy-daily

先ほどと同じく、ローソク足がドル円、バーが金利です。こう見ると、金利は遥か遠くの水平線にまで到達している様子が、よく分かります。

この状況を見る限り、円買いのポジションを建てるのは、短期以外ではしんどいかもしれませんね。

 

小さな異変が見える金利相場

そんな、すべての相場に影響をおよぼす金利相場。ポジション動向を見ていくと小さな異変が起こっています。

トランプ相場で先週末日まで上げに上げたマーケットですが、実はスマートマネーが少しずつ売り建てを始めているのです。

表の値段だけでは絶対に分からないことですが、明らかに何かのアクションが起こる示唆を与えてくれています。

以下のスクリーンショットは、「プロの取引を学ぶコミュニティ」に本日の夕方にアップした講義、「スマートマネーは既に動いている」の一部です。

interest-demo

慣れた人が見れば、「あ、来てるね」と分かる変化の兆候が出ています。

基本的なファンダメンタルの一つですが、表の価格には見えない変化の予兆を教えてくれる武器は、荒れるマーケットを乗り越える強い味方になりますね。

 

今すぐ学ぶには?

「プロの取引を学ぶコミュニティ」(こちら >>)・・11月レポート部から講義にアクセスをしていただけます。

また「FXインサイダー」(こちら >>)で入手できる上記コースのお試し無料チケットを使っても、受講可能です。

既に受講をされている方は、以下のリンクから講義に進んでいただけます。

→ 講義|スマートマネーは既に動いている

 

大きく動くマーケットが小さく教えてくれるヒントを、上手に聞き取ってあげたいですね。

ハッピー・トレーディング!!


About The Author

佐々木徹 (ささきとおる)

欧米式のトレード方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、現役トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2100名を超える受講生をもち、2014年にはUdemyで日本人初のトップ15講師入り。株式会社ファム代表取締役。講義一覧はこちら。