2015年と米ドルインデックス

フィボナッチレベルにかかる米ドルインデックス

2014の相場を一言でまとめると、「米ドルが強くなった年」に集約されます。ドル円しかりユーロドルしかり、7月以降の相場は米ドル買い一直線でした。 一方で長期的なチャートを見てやると、米ドルのインデックスは、ちょうどいまフ…

続きを読む →

移動平均線のベストな期間設定

移動平均線をベストに設定する方法

移動平均線を設定する際に、最適な期間設定が分からず苦労した方も多いと思います。この問題は以下の2つで解決をすることができます。 【一般的に多用される期間設定を知る】 【設定を個別に検証する方法を身に付ける】 冒頭の動画で…

続きを読む →

トレーリングストップ

トレーリングストップが使える理由

トレーリングストップは新しい値段が付く度にストップの位置を調整していくことですが、本来の目的は何なのでしょう?受講生の方からトレーリングストップの使い方について質問を頂いたので、少し考えてみたいと思います。 「相場が見て…

続きを読む →

ギャップから目標値を見つける方法

週明けの月曜日、チャートを開く瞬間を想像してみてください。ときどき出ますよね、大きなギャップが。。。週明けの寄り付きで出てくるギャップは、24時間取引で普段は見れないFXでは、特に目につくものです。

続きを読む →

ドル円相場トンネル抜けたら?

ドル円は今年の1月後半以降、レンジ相場に捕われています。トレードチャンスを見つけづらいトンネル相場ですが、ボリンジャーバンドからは次の大きな値動きの可能性が見えてきたのでシェアをしてみます。   ボリンジャーバ…

続きを読む →

「月曜ギャップ攻略」を追加

月曜日に発生するギャップが埋まるか否かは、テクニカル分析の技術で推し量ることができます。またギャップの特性を知ることで、サポート・レジスタンスを見つける精度も向上させることが可能になります。

続きを読む →

祝祭日・GWのドル円には要注意

祝祭日を使ってトレードする人も多いと思いますが、特にドル円では注意が必要なことがあります。

続きを読む →

ローソク足はヒゲと実体、どちらを見るのか?

ローソク足の【ヒゲ】と【実体】、どちらを基準にチャート分析すれば良いのでしょうか?直近の事例で検証してみましょう。

続きを読む →

ローソク足と視覚

チャートといえばローソク足が出てきます。値段の上下だけなら、折れ線グラフの方が上向き・下向きが分かり易そうなものですが、なぜローソクなのでしょうか?

続きを読む →

小学生に取引方法を説明できる?

teachFX

「成功している事業家は、自分のサービスを小学生に分かるほど単純に説明できる」という話を、起業家の研究をされている方のスピーチで最近聞いて、チョットした衝撃を受けました。

続きを読む →

Page 2 of 4