テクニカルは無意味?

昨晩、奥さんに質問をされました。「テクニカル分析は無意味だって紹介している人やブログが結構あるよ。実際のところ、どうなの?」というものです。

続きを読む →

コインの表が出続けたら、次は裏? ギャンブラーの誤謬

ギャンブルは資金力のある人が勝つと聞くことがありますが、本当でしょうか?コインを投げた場合の確率を計算して検証してみると、以外な事実が分かります。

続きを読む →

MT4時間設定はGMTからEETへ

24時間オープンのFX市場では、株式のように決まった一日の「終値」がありません。そのため人工的に「終値」を設定する必要があるのですが、基準値の取り方でチャートが変わってきます。この半年から1年程度で業界標準が変わって来ま…

続きを読む →

前頭葉トレード

7月21日付けのウォール・ストリート・ジャーナルに、前頭葉とトレード意思決定の関連を実験で研究した記事が出ていました。なぜ相場が乱高下するのかを前頭葉の性格から説明できる興味深い記事だったので紹介します。

続きを読む →

チャート上にラインを引く 【サポート&レジスタンス】

相場の先の値動きを予測するには、サポート・レジスタンスラインを見つけることが必要になります。多くの場合、こうしたライン上に相場が差し掛かるとプライスアクションが活発になり、相場の向きが変わったり、もみ合いに入ったりします…

続きを読む →

ローソク形状とチャートパターン分析

ローソク足チャートは相場参加者の集団心理を映しだすレントゲン映像のようなもので、この形状分析と欧米のテクニカル分析とを組み合わせることで、より確実度の高いプライスアクションを見つけることができるようになります。

続きを読む →

テクニカル分析はスキャルピングに使えるか

読者の方からテクニカル分析はスキャルピングに使えるか?という質問を頂きました。このお答えをするには、”スキャルピング”の定義を先に明らかにしておきたいと思います。

続きを読む →

金曜日午後のプライスアクション

日本時間の金曜日夜9時以降は、普段と違うプライスアクションに備えておく必要があります。通常のテクニカルが使えない時間帯なので、「明日は休みだし、今からFXでもやるか」と安易に飛び込むと、理解不能な動きに振り回されることが…

続きを読む →

プライスアクション -トレードに予想は必要ない-

FXトレードで継続的に収益を上げるのに相場の先行きを予想する必要はありません。それよりも、プライスアクションのパターンを知り、反応する場所を事前に見つけることで、確率度の高いトレードを実行することができるようになります。

続きを読む →

サイコロジカル(レベル)

テクニカル分析の中で最も簡単で分かりやすく、かつ信頼度が高いものに「サイコロジカル(レベル)」があります。直訳すれば「心理レベル」と難しく聞こえますが、簡単に言えば「キリの良い値段」で相場のプライスアクションが活発になる…

続きを読む →

Page 3 of 4