最近、「MT4 (メタトレーダー)でピボットポイントを正しく設定する方法を知りたい」というお要望を頂く回数が増えました。そこでカスタムインジケーターを使い、トレーダーが見るのと同じ設定でピボットを表示する方法を紹介します。

ピボットポイントは、FXトレードの利食い・損切りのポイントをピンポイントで知る手がかりを与えてくれる先行指標です。例えば下図のユーロドルでは、相場がウィークリーのピボットをヒットして反転しました。こうしたピボットポイントを算出するためにも、正しくピボットポイントを設定する必要があります。

weekly pivot
ピボットポイント(ウィークリー)

さて、MT4でピボットポイントを表示する方法ですが、ウィークリー(週足)の表示は比較的簡単です。必要なインジケーターファイルをMT4のプログラムフォルダにコピー、MT4を再起動すればすぐに表示されるようになります。例えば下の図のようなものですね。

MT4 ウィークリーピボットポイント

ウィークリーピボットの優れたところは、終値と始値がNY時間で日曜日の5pmから金曜日の4pmまでとブローカーによって変わったりしないので、市場の参加者のほとんどが同じ数字を見ることができるのです。

問題はデイリーピボットの方で、ブローカーによってNY時間や東京時間が終値に設定されています。MT4はブローカーの決めた終値時間の設定を変えられないため、そのままデイリーピボットを表示すると、例えば東京時間の終値やNY終値をベースにしたピボットが表示をされます。

フォレックスの機関投資家は、基本的にGMT時間+2~3の午前0時を終値として設定したチャートを見ています。つまり彼らと同じピボットを見るためには、ブローカーによっては設定されているのと異なる終値の時間でピボットを計算することがが必要なのです。

こうした時間の設定を調節した上で日足のピボットポイントを設定する方法は、実践編内の特典ビデオにて詳しく説明をしています。合わせてウィークリー、日足のピボットを表示するためのファイルもダウンロードできるようにしています。

正しいピボットポイントを設定して、ぜひ正しい意思決定をしてくださいね。

それでは今週も、ハッピートレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。