米ドルの強弱を判断する一つの方法として、米ドルインデックスを確認する方法があります。
このインデックスは世界中で取引されている主要通貨の平均値ですが、ドル円の通貨ペアと組み合わせると面白い画を見ることができます。

米ドルインデックス自体は、主要通貨に右の指数を乗せて加重平均した数値で、1999年にユーロが始まって以降は指数の見直しはされていません。

  • ユーロ— 57.6%
  • 円— 13.6%
  • 英ポンド— 11.9%
  • カナダドル— 9.1%
  • スウェーデン・クローネ— 4.2%
  • スイスフラン— 3.6%

さてこのインデックスに関して、迷いが晴れるトレーディングガイドを購入いただいた方からMT4のプラットホーム上で表示ができる方法がないか質問を頂いておりしばらく調査していたのですが、ようやく方法を見つけました。さすがにオープンソースのメタトレーダーです。EARN FOREX にて開発したファイルを公開してくれています。

ところが、MT4だと折れ線グラフの形状にしか表示ができません。やはり相場といえばヒゲやローソクを見ないと意味が半減します。解決方法は、、、MT5をインストールすることでした。

さて実際にインストールして、ドル円とドルインデックスとを並べて表示したのが、下の図です。(クリックで拡大します)

ドルインデックス 対 ドル円

米ドルインデックスは上を向いているので、市場はドルを買っています。ところがドル円だけは、ドル売り→円買いと相場と逆の動きを見せています。

こういったように、ドルが買われる → さらに円が買われる時というのは、市場で信用収縮が起こっている時なので、トレードの戦略を立てるときも、それなりの方法を考える必要があります。

詳しくは迷いが晴れるトレーディングガイド本編にて解説をしていますので、ぜひこちらをご覧ください。

ビデオを購入いただいた方の為に、MT5をデモ口座で無料で開設し、画像で表示しているように米ドルインデックスをチャート内にインジケーターとして表示する方法を説明したビデオを本編内に追加しました。
上の動画はその一部を公開したもので、既に購入済の方にはリンクを個別送信させて頂きます。

フォレックス相場を分析するには、まず米ドルの分析です。この米ドル力を測るのに一番確実なインデックスチャートを使い、早速有利なトレード戦略を作りましょう!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。