読者の方から、通貨ペアを使ったトレード方法のご質問を頂きました。以下抜粋です(本文記事はこちら)。

”通貨ペアを利用したトレードの仕方がいまいちよくわかりません。例を上げますが、一つはUSD/CHFでロング、二つ目がAUD/USDのロング。ドルが買われているときこの二つの通貨ペアのポジションを持つことはやはり持たないほうがいいのでしょうか?(竹内様)”

相場と真摯に取り組まれている姿勢が伝わってくるコメントでした。ありがとうございます。

まず最初に通貨ペアの定義を簡単に説明しておきます。
通貨ペアにはドルが前に来ているものと後ろに来ているものがあります。

前に来ているもの

USD/JPY*, USD/CHF, USD/CAD など

後ろに来ているもの

EUR/USD, GBP/USD, AUD/USD など

2つの通貨を区切っている”/”は分数を意味するので、上側に来る通貨が下に来る通貨よりも強くなれば数字が上がり、逆に下側の通貨が強くなれば、数字が下がることになります。

つまり自分の相場観が「ドル買い」ならUSDが前に来ているペアでロング(買い)、後ろに来るペアでショート(売り)でのエントリを探すことになります。

通貨間の相関関係

質問例のペアは USD/CHF(スイスフラン) と AUD/USD(オーストラリアドル)の組み合わせです。前者はドルが前に、後者は後ろに来るペアですから、この場合のは下のようになります。

  • USD/CHF = 米ドルを買ってフランを売る(ロング)
  • AUD/USD = オージーを売って米ドルを買う(ショート)

実際に2つのペアを重ねたチャートの画面を貼り付けておきました。一方が上がれば、他方は下げていることが見て頂けると思います。

FX戦略の組立は、まずドルが売られているか?買われているか?これを判断(過去記事参照)した上で反対の力関係にある通貨を探し、この通貨間の力関係差をトレードに活かしていくことが前提になってきます。

* 念のため、、、

ドル円は特殊な通貨ペアです。2国間の経済が強く連動していることもあり、相場がドル買いに走っても、さらにそこからドルが売られて円が買われる場合があります。信用収縮が起きている場合などにこういった事態が起こるのですが、これは相場をよく見て判断するしかありません。具体的には別の機会に任せますが、ここでは「ドル円は少し切り離して考える」ということだけ覚えておいて頂ければ良いと思います。


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。