フォレックスの時間設定

「テクニカル実践編を購入しました。現在はOANDAのMT4を利用しております。現状、チャートの1H足が2013.12.06.16:00になっています。DLしたP-Weeklyのタイムは2013.12.06.14:00になっているのでPivots-timeshiftは-2でいいのでしょうか?」 はたろう 様

頂いた質問に関して、少しだけ追加説明しておきます。

24時間トレードが継続されているフォレックス市場では、株式市場のような「終値」がありません。そのため人工的に「夜中の0時」を終値に設定してチャートを表示します。ところが、その「0時」は東京時間であったり、ニューヨーク時間であったり、ロンドン時間であったりと、世界中のブローカーがバラバラに設定をしているのです。

その中でも、欧米トレーダーの多くは時間設定をEET(東ヨーロッパ標準時間)に設定をしています。(過去記事参照)

そのため、ピボットポイントもEET時間の終値で表示をしてやる必要があります。ただMT4のブローカーによってはEET以外の時間を使っていることがあり、ピボットの数値を手動で調整するツールを実践編の特典として含めているので、この設定についてご質問を頂いたものです。

回答としては、ウィークリーピボットは設定を変更する必要がありません。週の始まりと終わりはブローカーをまたいでも変わらない(土曜に終わって月曜に始まる)ためです。

oanda-mt4-timezone次にデイリー(日足)ピボットなのですが、Oanda自体は本日現在EETをMT4に採用しています。そのため、何か調整をする必要は無く、TimeShift自体の係数も【0】でOKとなります。左の画像はOandaの回答フォーラムから貼りつけたものですが、Eastern Standard Time (EET) がMT4に採用されていると書かれています。

他にも管理人が使っているAlpariもEETを使っていますし、今後はEET採用が増えてくるものと思われます。日本資本のブローカーは東京時間が終値だったりすることもあるようなのですが、その場合は時間の調整をして対応することになります。

以上、ピボットと時間設定について回答をさせて頂きました。


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。