2014の相場を一言でまとめると、「米ドルが強くなった年」に集約されます。ドル円しかりユーロドルしかり、7月以降の相場は米ドル買い一直線でした。

一方で長期的なチャートを見てやると、米ドルのインデックスは、ちょうどいまフィボナッチレベルに引っかかってきていることがわかります。

米ドルはフィボナッチレベル
米ドルはフィボナッチレベル

 

米ドル分析をトレードに活かす

では米ドルインデックスの分析ができたら、どのようなメリットがあるのでしょうか?

それは、米ドルに絡むペア全ての値動きが「トップダウン式」に把握できることにあります。

詳しくは、以下のページから無料視聴できる講義で視聴してみてくださいね!。

無料で視聴できる動画もたくさん
無料で視聴できる動画講義あります!

→ 動画講義はこちら

本年最後になりますが、今年一年お世話になりました。読者の方の年始年末が素晴らしいものとなることを祈念するとともに、2015年が皆様にとって素晴らしいものとなることを、心より願っております!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.