今年の8月から9月の外為相場は、横に向いたり下に向いたり跳ね返ったりと忙しい相場でした。毎日、気の休まることがないという人も多かったのではないでしょうか?

そんなときでも、他のペアや相場に影響を受けづらく、しかもプライスアクションが予測しやすいペアがビットコインです。

記事を書くだけで犯罪者扱いをされそうなビットコインですが、気にせずに書いてみます。

まず本日9月7日現在のチャート画像を出してみます。

BTCUSD-nakid

次に読み進める前に、このチャートに何か規則性がないかちょっと探してみてください。



では、私が最近みつけた単純で簡単な法則を10万円でお教えします!

って冗談です(笑)

では下のチャートを見るとどうでしょう?

BTCUSD

日足で5本から6本の揉み合いを終えたあとにレンジをブレークして上げる動きを繰り返していますね。

理由はわかりませんが、事実は事実です。

だから次に同じような横向き相場が出てきて、日足が5本くらい横に並んだら、レンジブレークを狙うことができるかもしれません。

もちろん、レンジを正しく定義して、ストップと目標値を適正に設定することが大前提です。

PR・・・ストップとターゲットの見つけかたは、こちらの講義で学べます!

 

こういう記事を書くとビットコインを買っているからポジティブなことばかり書くんでしょ、、、って言われるかもしれませんね。

はい、持ってます(笑)

ここで考えてもらいたいのは、お金を投じる対象が何であろうと、どんな分析方法だろうと、誰を信じるかということも、決められるのはあなたしかいないということです。

怪しい通貨をさわる必要はないと距離を置くのも一つ。

ここで書かれていることを試すのも一つ。

デタラメな通貨は絶対に下がる、と売りに回るのも一つ。

考えずに忘れてしまうのも一つ。

大切なことは、自分がとろうとしている選択を、目を開き意識して選択することです。

本当のあなたを大切にしてくださいね。

ビットコインとは全く関係のないオチになってしまいましたが、、、

ハッピー・ビットコイン!

、、、

あ、またポジショントーク?