7月2日雇用統計前のドル円は2つのハーモニックパターンを完成させていました。さらにギャップとピボットの組み合わせで強い抵抗帯ができ、市場の売り目線が強くなったところで出た雇用統計のドル売り材料は、チャートを綺麗なプライスアクションに収めました。ツイッターで公開していた分析画像と、ハーモニックパターン講義内にアップしていた分析画像も全て公開をしています。

 

動画内で使った素材



▼ 雇用統計前に1時間足で見えていたサイファー(Twitterから)


▼ 雇用統計直前に15分足で完成したバタフライ(Twitterから)


▼ 分析の動画で使ったサイファーと5-0パターンのコンビネーション画像

クリックで拡大します
クリックで拡大します

▼ 7月6日追記|ドル円1時間足のその後

クリックで拡大します
クリックで拡大します

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.