リアルで勝てない理由は「時間のゆがみ」

デモ取引の間は順調だったのに、リアル資金を投じ始めた瞬間に結果が出なくなることがあります。理由の一つが「時間の歪み」によるものとは、どういうことなのでしょう?

相場でポジションを持つと、チャートを見る回数が増えます。

入る前は1時間に一度だったのが、5回くらいになるとか。

また投下する金額が多くなればなるほど、さらに気になって見る回数が50回くらいになったりします。

1pips動いたときの値幅が10円の時と1万円の時だと、回数が変わるのは当然の話ですね。

ところが見る回数が変わると、時間のリズムも変わってしまいます。

例えば同じ1時間でも、面白い映画を見て過ごす1時間は知らぬ間に過ぎますが、人生を決める試験結果が発表される前の1時間は長くて仕方なく感じてしまいます。

同じように、ポジションを持つ前と後の1時間は、同じものではないのです。

時計が刻む時間は変わりません。

ですが、自分の中で流れる時間は別物なのです。

エントリー前は「3時間くらいでここまでいけば良いだろう」と思っていても、その3時間はポジションを持った後に5時間にも24時間にもなるという、歪みが発生してしまうのです。

さらに投下金額が増えれば、その歪みの大きさは加速します。

そのためにトレードのリズムが狂ってしまい、今までデモ取引=正常な時間の中で出来ていた方法が手につかなくなるのです。

高額取引でミスした取引のスクリーンショットを翌日冷静になって確認すると明らかになります。

なんでこんなことをしたんだろう???

そう、時間が歪んだから焦点がズレてしまったんですね。

では歪みを解決するにはどうすれば良いのでしょう?

もっとも簡単で確実なのは、トレードに入る根拠を紙に書いて残しておくことです。

ある意味「遺書」と言い換えてもいいかもしれません。

時間が歪む前に、歪んだ後の自分へ託す「遺書」です。

また歪んでしまった時間の度合いを調整するには、それを加速させてしまった原因を取り除く必要があります。

平たく言えば、ロットを極小化するということですね。

紙に書きロットを小さくする。。。なんと当たり前で面白くない答えなのでしょうね。

でも、誰でもできることを地味に続けられる人こそ、時空の旅人になれるのかもしれません。

はい、本日も妄想にお付き合いをいただきまして、ありがとうございました。

ハッピー・ウィークエンド!!

About The Author

佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。

  • 中田隆司

    いつもありがとうございます。中田と申します。

    今回の内容は自分にとっては衝撃的でした。
    それぞれ個人の時間が歪む、凄すぎる気付きを得ました、時間が歪まないルールが私には必要と感じます、例えば、チャートは1日3回とか。

    本当にありがとうございます、これからのブログも楽しみにしています。

    ありがとうございました。

    • 佐々木徹 (ささきとおる)

      中田さま

      歪んだ時間の中にいると、歪んだ事自体がわからなくなってしまいますね。ぜひルールを作られて活用されてください。コメントありがとうございます。

  • たにつさん

    おはようございます。

    悪い自分の癖 気が付いているのにやってしまってからまただよ私
    とダメトレードを振り返る

    なかなか抜け出せない

    これしてなかったら・・・・・・

    タイムリーな記事 コピーして貼り出しとくことにします。
    ありがとうございます。

    • 佐々木徹 (ささきとおる)

      たにつさま

      ダメトレードは必ず何かを教えようとしてくれているものです。振り返って学び取ると、意外と綺麗に成仏(?)してくれることもあります。

      コメントありがとうございます!