$300から$2,800まで10倍近くの上昇を見せたビットコインキャッシュ。市場の注目を一気に集めた動きは、どのようにして引き起こされたのでしょうか?19分の公開動画で分析しました。

 

まとめ

およそ以下のような流れを動画で説明しています。10分ほどで終えるつもりでしたが、やはり説明が増えますね、このトピックは。

 

  • ビットコイン送金手数料高騰(この数年の慢性的な問題)
  • ビットコイン容量拡大計画(Segwit2X)が頓挫
  • 容量問題に縛られないビットコインキャッシュに資金が流入
  • BCH/BTCレートが高騰(分母上がり分子下がるダブルパンチ)
  • 焦った投資家が取引所へパニック送金
  • トラフィックが詰まり、手数料が更に高騰
  • スケール問題に市場の注目が刺さる
  • 送金手数料の安価なキャッシュに更に資金が流れる
  • BTCホドラーの一部が成り行きで買いを入れる
  • 売り玉の無い真空地帯がBCH・BTCを0.50まで上昇させる
  • TwitterはFlippening(キャッシュがオリジナルに取って代わる)という論議が噴出
  • 利食いが入る
  • 流動性の薄い週末が終わる
  • 安値と見た投資家がビットコインに買いを入れる
  • 相対的にキャッシュの値が下がる
  • 今に至る

 

いやはや、荒い週末は久々に、The相場!な動きを見せつけられました。

この先はどうなるでしょう?タイムマシンがあれば、半年先の状況を見てみたいものですね。

 

リソース

① 無料ウェビナーの登録はこちら

https://direct.cocosta.jp/p/crypto-live-cast/

 

② メモリープールの統計はこちら

https://blockchain.info/charts/mempool-size

しばらくの間は荒い動きが続きそうです。気を引き締めていきましょう。
ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。