基礎にコストをかけよ|建築家の金言にトレードの最終型を思う

投資家の寿命を長くする何よりも重要なことは、基礎を堅牢に作りこむためにコストをかけ、取引の方法は簡素にすること。別荘建築の名デザイナーの金言から見えるトレードの最終型を簡単にまとめてみました。

 

別荘建築とトレードの最終型

列車に乗るのが好きで、時刻表を片手に旅行のバーチャルプランを立てることに熱中したことがある人はいますか?私の小学生時代は、そんな時刻表オタクでした。

今はデスク張り付きの時間が長くなり、そして自然が無性に恋しくなり、緑の中にいる気分を味わうために別荘雑誌を取り寄せてただの妄想を馳せ楽しんでいます。

その中で建築家が残した言葉に出会い、あまりにもトレードと考え方が共通をしていることを見つけましたので、こちらに何点か抜粋してみます。

※ 出典は「週末別荘傑作選(家庭画報)」から

 

1.基礎にコストをかけよ

建築でいちばん大事なのは、基礎です。条件が厳しい敷地に立てられるから、なおさら重要。

基礎を深く、高く、堅牢に作っておくことが、建物の寿命を長くする上で何よりも重要です。

予算の多くを基礎に費やし、逆にウワモノは作り込まないのが正流です。

トレードに置き換えると・・・

投資・トレードでいちばん大事なのは、基礎です。時間や資金量で制限があるなら、なおさら重要。

基礎を正しく、強く、足元から固めておくことが、投資家の寿命を長くする上で何よりも重要です。

時間・労力の多くを基礎に費やし、逆に手法にはこだわりすぎないのが正流です・・・というところでしょうか?

 


2.設備は軽装備に

多機能、重装備の設備は故障が多くなります。

自然の恩恵を活かす合理的な設計を考え、シンプル、簡単を旨とすべし。

トレードに置き換えると・・・

多機能・複雑な取引方法は故障が多くなります。

値動きに示唆を与えてくれる合理的なデータを捉え、シンプル・簡潔を旨とすべし・・・確かに!

 

3.地元の大工に頼め

現地の気候・風土を最もよく把握しているのは、地元の大工です。

またその後のメンテナンスは施工以上に重要であり、折々の手入れが必須。

地元のいい大工を探しましょう。

トレードに置き換えると・・・

現在のマーケット環境を最もよく把握しているのは、前線で取引をしている先人です。

相場周りの環境は常に変わるので、折々の学習や理解度の確認が必須。

信頼できるメンターを探しましょう・・・仲間は大切ですね。

 

4.車で3時間以内に

せっかく建てた別荘も、アクセスが3時間を越すと足が遠のきます。

毎週行きたくなる立地を選びましょう。

トレードに置き換えると・・・

せっかく取引技術を身に着けても、トレードが3時間を越すと集中力とパフォーマンスが落ちます。

ライフスタイルに無理のない取引方法を選びましょう・・・私も過去に何度も失敗の経験アリ!

実戦!トレーディング・カレッジ

勝つための技術を2名の現役講師から学び取る。フロントから届く現場型の総合コースとは?

今ならFXインサイダー&6ヶ月レッスンパック他付き!

 


 

まとめ

継続は力なりといいますよね。私が昔、営業をしていた頃にお世話になったバイヤーさんから言われて、いまだに心に残っている言葉があります。

「続けられないことには意味が無いんだ。だから、やり続ける奴が一番えらいんだよ。」

情報があふれる時代だからこそ、正しく進み続けたいものですね。

ハッピー・トレーディング!

 

About The Author

佐々木徹 (ささきとおる)

株式会社ファム代表取締役。愛媛県生まれ。英国ノッティンガム大学にて心理学を専攻、香川大学経済学部卒業。15年間の日米商社勤務を経て、2014年に独立・起業。同年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ13講師入り。2,500名を超す受講生にトレードを指導する「ココスタ」運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジスト。講義一覧はこちら。