買ってすぐに値が下がるものって何でしょう?我が家の奥様に聞いたところ、「嫁じゃない?」とニッコリされました。何か悪いことしたのかな・・?

さて、株でもゴールドでもビットコインでも、下げる方が早く感じますよね。

試しにゴールドで上げと下げの平均値を調べたところ、以下のような結果が得られました。

  • 上昇1,046回、平均0.727%
  • 下落1,008回、平均0.732%
    2010年3月8日から本日2018年5月22日まで

少しだけ下落の方が早いようですね。

ただ為替は少し状況が変わってきます。興味のある方は、過去記事「ドル円は下げの方が早いとは本当か?」を参照ください。

https://www.cocosta.jp/2017/usdjpy-falling-or-rising/

 

デマ拡散6倍速のツイッター

それでも一気に動く時は「下げ」の方が早いと感じることも多いもの。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

秘密は人間の心理にあるようです。

アメリカのマサチューセッツ工科大の研究チームが、12万件以上のツイートを調べた調査を公開しました。

すると、デマは真実より1.7倍もリツイートされ、1,500人に広まる速さは6倍だったそうです。

理由として、偽情報は感情を揺さぶりがちな目新しさを感じるものが多いからだそうです。

つまり、私達はもともと「悪いニュース」の方を早く人に知らせたくなる生物のようですね。

生存本能からすれば、とても自然なことかもしれません。

だからこそ、相場に関するニュースでも悪いほうが早く広がる、だから下げのほうが早くなるわけですね。

理屈はわかりますが、自分の持っている銘柄に関しては、良いニュースだけ来てほしいものですね。

ハッピー・トレーディング!

 

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。