幽霊やお化けが怖いのは、「わからない」からだそうですね。

米国にいたころハロウィンを回っていて一番怖かったのは、お化け屋敷を作っている家があったのですが、来た人に向かって家の主人がかのジェイソンのごとくチェーンソーを振り回して怖らがらせるんです。

手元が狂って飛んでくるんではないかと、そっちのほうが怖かったのを覚えてます。

相場でも、値動きが何を起点にして起こっているのかがわからないと、疲れますね。

逆に言えば、今の「力点」が分かれば、取り組む方法もわかりやすくなるもの。

そして始まったばかりの9月。為替やビットコインも含め、相場を動かす力点となるのは、米国債かもしれません。

ちょうど本日、「実戦トレーディングカレッジ」内に米国債の講義をアップしました。

以下はイントロ部分を公開したものです。

<なぜ9月相場を荒らすのは米国債なのか|動画のポイント>

○ なぜ9月から米国債が動くと言い切れるのか?
○ ビットコインも影響を免れない証拠とは?
○ なぜドル円だけ動くタイミングがずれるのか?
○ 20時から3時間で完結できる取引スタイルとは?
○ コース紹介

 

<続編で学べること|実戦トレーディングカレッジ本編>

○ なぜゴールドも米国債も買い戻されているのか?
○ 流出を続けるETF残高と先物ポジションの力関係を数値化
○ どうしてビットコインキャッシュが買われたのか?
○ 為替で取り残された通貨ペアはコレだ
○ ポンド炸裂は先週末のレポートどおり(振り返り)
○ 来週のドル円・上下レンジを割り出してみる

実戦トレーディングカレッジ(月額購読)内にて公開済です。

「1日たった500円」トレードの悩みに終止符を打つ
実戦トレーディングカレッジ(コース詳細)

 

9月相場も上手に乗りこなして行きたいですね。

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。