ビットコインが少しずつ値を切り上げてきていますね。

この動きを予見していたかのようなデータがあります。それはビットコインが直近の2週連続で「買い越し」になっているという事実です。

米国の先物市場に上場されている取引対象は、週に1回、市場参加者の持っているポジションを集計されデータが公開をされています。

COTレポートと呼ばれ、Commitment of Tradersの頭文字を取ったも。市場参加者の保有ポジションを統計的に知ることができます。

いくつもの項目が網羅されていますが、保有ポジションの大きな上位8社の偏り具合を知る数値があります。

この上位8社のポジションが、8月14日と21日の連続で買い越しに転じています

ビットコインの上位8社保有ポジションは買い越しに転じている

それまではずっと売り越しであり、最高に売られていたのが7月24日でした。

その3週間後に反対の買い越しへと舵を切ってくるとは、大口参加者の意識変化を表しているかもしれませんね。

 

COTレポートの活用について:

COTレポートで得られる情報を端的に言い換えれば、市場参加者が「どの程度突っ込んでいるのか?」というものです。

この読み方から取引に活かすまでの方法は、トレーディングカレッジ(こちら)にて学べます。

一度覚えてしまえば後は簡単ですから、上手に活用していきたいですね。

ハッピー・ビットコイン!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。