ずーっと下げるだけだった、ビットコイン。また冴えない動きかとチャートを見たら、垂直方向に大きく上昇し画面に入り切らないローソク。突然の出来事に「何が起こったのか?」と周りを見回してしまった方も、多いのではないでしょうか?

そこでビットコインを急騰させた背景を、9分43秒の動画にまとめてみました。

要因の一つには、ワールドカップ終了で開放された人たちが、ビットコインに戻って来られた点もありそうです。

本田選手がゴール決めた直後に、打ち上げ花火が点火されたようにシュッと上げることもありましたし、平昌オリンピックでも競技が終わってから値が上がることは、結構な頻度でありました

とは言え、今回のポイントは、やはりETF認可への期待が大幅にアップしたことに尽きそうですね。

さて続編の「クリプト通信」では、以下のポイントを言及しています。

○ ビットコイン取引の出入り口をを捉える○○の使い方

○ なぜイーサリアムは冴えないのか?

○ 世界中の参加者が見ている強気度は?

○ ビットコインの上昇余地はどの程度か

特に出入り口を捉える方法は、今の時期に限定して使える方法です。

タイミングの捉え方が難しいと感じられる方は、お見逃しなく。


週刊クリプト通信(毎週水曜配信/月額3,500円)

https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups


ハッピー・トレーディング!

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。