コインチョイスさんに寄稿記事を書きましたので、こちらにてご紹介です。

ビットコイン(BTC)を取引する中で、多くの人が「怖い」と感じるのは、何を下値の目処にするか見えないからでは無いでしょうか。

例えば原油や農作物などのコモディティであれば、生産するために必要なコストは計算ができます。

ところが目に見える「実物」が存在をしないビットコインの価値は、それを証明する手段がない。
自分も2012年に初めてビットコインと出会ったときは、同じ思いを持ちました。

「サイバー空間に消えてなくなるかもしれないデジタルデータに値段がついているなんて、意味がわからない。単なるバブルやん!」

それが最初の印象です。ではなぜその後、自分がビットコインに惚れてしまったのかは別の機械に述べるとして、ビットコインの下値は、とりあえずハッシュレートで理論的に計算ができるということを書いてみたいと思います。

→ 続編はこちらに寄稿してあります(コインチョイス社の寄稿記事へ)


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.