6500ドル割れまでビットコインを下落させたのは、SECがVanEck社のETF認可の決定を遅らせるという発表によるものでした。

昨年、WinkleVossのETFが否決された際も、何度かの延長後でした。

市場の受け止め方としては、延長=ボツということなのでしょう。

それにしてもETFのルール改変を検討のニュースから爆上げ→認可の延期で下落。

この間、結局ETFがどうなるかは、ほとんど決まっていません。

最近のビットコイン市場は少し早とちりに織り込もうとするクセがあるようですね。

夏休みにも入ったことですし、一休みしてもらいたいものです。

さて本日は毎週水曜日に発刊のクリプト通信から、イントロの一部を公開しました。

 

続編が収録されたクリプト通信のコース案内はこちら

週刊クリプト通信
週刊クリプト通信

 

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。