コインチェックに続きZaif社も流出事件ですね。最初はGOX発覚から売りで反応した市場も、救済機関が確定で一気に買い戻しの「行ってこい」乱高下を演じています。

この事件、日本の暗号通貨市場にはネガティブな影響しか与えないでしょうね。

ニュースの公開は午前2時。単なる偶然か、CBOEの先物最終取引時間は同日午前4:45です。

さらにビットコインの売りポジションは限界まで到達していた状況を考えると、背景を邪推する人がいても不思議ではないですね。

早く日本の暗号通貨業界が輝きを取り戻す日が来てほしいです、本当に。

戻りは売られるビットコイン(動画あり)

毎週水曜日に発行の「週刊クリプト通信」、公開版の動画を以下にアップしました。

Zaif社のGOX事件前に収録したもので、動画後半に「今はポジションを新規で建てる場所じゃない」と言っています。

真ん中で手を出すのは、今のビットコインは特に危ないですね。

※ 受講生には9/19(水)夜に配信済みです。


週刊クリプト通信
週刊クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり

続編はこちらから今すぐ受講頂けます

週刊クリプト通信(クリックでコース詳細)>

暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり
ビットコイン取引で負けないための三要素を毎週アップデート



佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。