歩道のない道端、冷たい指先をかばいながら歩く横を、大型トレーラーは排ガスと共に走り抜ける。

だれも頼んでいないのに、泥水を飛ばされる。そんな寒々しいイメージが湧くワードこそ「みじめ」。

我らがビットコインの買い場を探すための「みじめ指数」が、今日は注目を集めていました。

開発したTomLee氏は、ビットコイン価格がブロックチェーン上の取引量と利用者数に比例するという指標も公開。注目を浴びた超有名人です。

今回発表された指標”Misery Index”は、「ミゼリー」と発音。

そういえば「ああ無情」も「ラ・ミゼラブル」でした。

音感からして、雨が降る寒い日の夕方です → 冒頭に続く。

英語では、こういうサウンドから出た言葉が結構ありますね。

ということで、ミゼリーに音も似ている「みじめ指数」と勝手に呼ぶことにします。

Misery Index、コインテレグラフから

参考:コインテレグラフ記事

 

 

みじめ指数を自作してみた

このツール、計算方法は勝ち負け比率にボラティリティを加えて計算とか。

こういう意味の分からない説明をされると、作らずにはいらなくなりますね。

早速、自作してみました。しかも本日一日かけて。

こちらは-60%をヒットしたら、およその買い時ということになります。

直近でシグナルが出た日付だけ書いておきます。

2018年2月2日:$8,827

2016年9月1日:$571.69

2016年1月31日:$367.13

確かに買いのタイミングは外れてはないようですね。

最初、勝ち負け比率って、誰の勝ち負けだよ?と思いましたが、上昇の日を「勝ち」、下降の日を「負け」とカウントして作成しました。

ところで、ビットコインの買い場自体は、比較的シンプルに特定できます。

一方で売り場を見つける方は一気に難易度が10段階くらい上がります。

自分は買ったら放っておくだけですが、それでも売り場のタイミングが分かれば、メタル市場で使えます。

ビットコインは他の取引対象にも、思いっきり影響を与えるようになっていますしね。

そんな売り場を探すのにヒントが無いかと思っていたら、みじめ指標を再現する中で見付けました。

チャートに矢印を置いたところが、売りシグナル。発生から10日前後で下落をしに行っています。

興味深いですね。もう少し検証を続けて、こちらのコースで作成する方法なども公開していきます。

さて年末にビットコインは500万をヒットしているでしょうか?

今から楽しみですね。

ハッピー・ビットコイン!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。