2007年6月29日、第1世代のiphone誕生は11年前。2006年にNTTドコモがimodeの大ヒットで、世界最大の回線提供者としてギネス認定された翌年のことでした。

市場シェアを圧倒的に奪われたimodeは、2016年に製造を中止、時代の移り変わりを象徴する出来事となりました。

そんな流れの早い今、iphoneが登場する前に誕生し、2005年から本日まで13年を超えて支持されているソフトウェアがあります。

MT4、またの名をメタトレーダー。ロシアのMetaQuote社が開発している取引用のソフトウェアです。

誰でも独自のツールを開発することができ、動作も軽く安定をしていたことから、一気に利用者が増加しました。

ところが、さらに速度も拡張性も高まったMT5という後継モデルは、さほど広がりを見せていません。

開発元のMetaQuote社はMT5推しなわけですが、ユーザーは使い慣れたMT4から離れようとしないところが面白いですね。

さて、このMT4向けの独自ツール、ココスタでも幾つか提供をしており、最近になってMT4にツールをインストールする方法について質問を受けることが多くなり始めました

受講生向けに説明の動画を作成したので、こちらでシェアをしておきたいと思います。

MT4にインジケータを最速で配置する方法(動画あり)

MT4には、以下の方法でインジケータを配置(インストール)することができます。

① ツールを入手する

② 解凍する(圧縮されている場合)

③ MT4指定フォルダに移動する

④ MT4を再起動

⑤ チャート上にドロップ

以上です。この流れを40秒ほどの動画にまとめました。

 

動画で使用したのは、高精度ハーモニック自動検知ツール。ココスタ独自提供のMT4インジケータで、銘柄はゴールドです。

(自動検知ツールの詳細はこちら)

以前はチャートといっても、取引するブローカーが提供をするものしかありませんでした。

今では、使い慣れたソフトウェアで取引の戦略を作り、注文だけ取引ブローカーのシステムに入れていくことができます。

トレードの世界でも、iphoneのような革新的なツールが出てくれば、一気に流れが変わることもあり得ます。

時代の変化は、早めに捉えられるようにしておきたいですね。

ハッピー・トレーディング!

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。