ビットコイン取引所「コインチェック」が620億円以上を不正引き出しされたとのニュース(こちら)が世間を騒がせています。

引き出された「NEM」だけでなく、口座に資金を残されていた方は、不安な時間を過ごされているのではないでしょうか?

「不急な資金は取引所等に預けっぱなしとせず、手元で管理した方が良いのは分かっている。ただ方法が分からず、仕方なく預けている」

という方も多いと聞きます。

そこでココスタでも何かできないかと考え、(NEMではないですが)ビットコイン・ライトコインを手元で保管するためのコースを、一時的に無料公開することにしました。

いわゆるペーパーウォレットと呼ばれるもので、QRコードを作成・出力しビットコインを預け入れる方法です。

ウォレットの種類も多種多様な今、あえて紙に印刷したQRコードを使う方法は、もっとも古典的な手段だと言えます。

良い点としては、コスト0で作成でき、機械の故障等に影響を受けず保管できること。

安全に保管できる場所さえあれば、極めて有効な保管方法と言えます。

今回の不正引き出し事件を契機に、仮想通貨を手元で保管・管理する方法・考え方を知りたい方には、ヒントとなるコースです。

なお、このコースはあくまでもウォレットの作成方法・資金の入れ方・取り出し方を行う一連の流れを講義方式で学んで頂くためのものとなっており、「コース通りにしたのに資金が出せなくなった」場合でも、弊社で責任を取ることは出来かねます。

その点をご了承頂ける方のみ、無料コースを活用ください。


「神」財布を作る!

《60分速習》ビットコインのペーパーウォレット作成・管理・取り出しまでの完全ガイド

→ 無料の受講登録はこちら ←


 

NEMファンデーションLon氏コメント

今回の引き出しについては、海外でも大きく報じられています。

その中でもCryptoNewsがNEMファンデーション代表Lon Wong氏のコメントが注目を集めています。

→ 原文はこちら(英文)

“As far as NEM is concerned, tech is intact. We are not forking. Also, we would advise all exchanges to make use of our multi-signature smart contract which is among the best in the landscape. Coincheck didn’t use them and that’s why they could have been hacked. They were very relaxed with their security measures,” Lon Wong, President of the NEM.io Foundation, told Cryptonews.com.

“This is the biggest theft in the history of the world,” he added.

Wong have also said that it was one account that stole the tokens, and they will do what they can to track them down. A full statement will be available later today.

<訳>

「NEMが理解している限り、(NEMの)技術面に問題はない。この事件で通貨をフォークさせることはしない。また、全ての取引所は、現存する最良の方法であるマルチシグのスマートコントラクトを利用すべきだ。コインチェックはその技術を使っておらず、そのためにハックされた。セキュリティに関して、緩みがあったのだ。これは世界最大の盗みだ」

「トークンを盗難したのは一つのアカウントであり、それを追跡し特定するためにできることを我々は行う。正式な声明は本日中に公開する」ともLon氏は述べた。

日本のビットコイン創成期から取引所を旗揚げしていたコインチェック社には、ぜひ踏ん張り頑張ってもらいたいものです!

 


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。