家族サービス明けで疲れたと月曜の朝に一息疲れている方はいらっしゃいますか?

自分も家族を連れての旅行は、車の運転をして、目的地についたら家族がプールに行っている間、黒い犬の面倒を見たりしてました。

もっぱら、犬の方は自分が面倒を見ているとでも言いたげな顔をしてましたけど。

たまにビットコインの予想をする黒い犬です

それでも、緑の森に囲まれた場所にいると、目が休まる気がして良いものですね。

さてトレードの話に戻りましょう。

これまで受講生・読者の方を問わず受け取ってきた質問の中で最も多いものがこちらです。

帰宅後の21時から24時まで取引して、ポジションを持ち越さずに終わらせられる簡単な取引方法はありますか?

自分も勤め人をしていた時代は、朝を除けば自由にできる時間も帰宅後の2時間くらいでした。

ですから、その時間帯だけ使える優位性があって、できれば面倒な分析は避け、確実に動く時だけトレードしたい。

そうした思いは持っていましたので、この要望は自分のことのように聞こえます。

で、そんなことは可能なのでしょうか?

はい、結論を言うと、そんな都合の良い取引方法も存在します

以下のスクリーンショットは、自分が7月25日に取引した履歴です。

WTi原油 1分足(トレーディングカレッジ内の講義から)

23時38分に69.27でショートを建てて、23時51分頃に68.34で利確。93 Ticksの取引です。

この13分間の変動率は1.343% (0.93 USD ➗ 69.27 ) 。

ドル円なら 149 pips の取引(111 円x 1.34%) ということになります。

先週のドル円は1週間の高値−安値の最大幅で95.6pipsでした。

数値だけ見れば、13分間の短期取引はドル円1週間の値幅を軽く超えていたことになります。

別に今回だけ良いところを撮影して出したと言う訳ではなく、毎週水曜日の夜は自分にとってのドル箱タイムです。

準備もさほど大変な訳ではなく、10分くらい前まで講義の作成をしていながら切り上げて、急いでディールの準備をして臨むということもあります。

先日のアンケート(こちら)でも原油の人気は最下位でした。

ただ、現実的に「帰宅後の2時間で稼いでポジションは持ち越さずに寝る」ことが目的だとすれば、その実現に最も貢献してくれるのは原油かもしれません。

この辺りも、また機会を見て記事に取り上げられればと思っています。

と言うことで、今週もハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。