「120の血圧」と「80の脈拍」。この数値だけで救急医療のプロは、運び込まれる患者の出血量をおよそ把握します。

現役で救急医療に勤務する受講生の方から、医療のプロも「シグナル」を使うと聞きました。一体どのようなものなのか?見ていってみましょう。

 

ショックインデックス・・・医療現場のプロが使う比率

救急の現場に勤務する方にとって、運ばれてくる患者さんの様態をスピーディーに判断することは、何よりも優先される技能。

そこで使われるのが、ショックインデックスという比率だそうです。

例えば二人の患者さんがいて、それぞれ下のような脈拍と血圧との組み合わせだとします。

  • 患者さん① 脈拍80・血圧120  (80/120 = 0.66)
  • 患者さん② 脈拍150・血圧70 (150 / 70 = 2.14)

出血の状況を素早く数値で判断するために、脈拍を血圧で割った比率を使うのだそうです。

例えば患者さん②の場合だと、2リットルを超える出血が想定されるとか。

「救急で働いていると、今から交通外傷で運ばれてくる患者さんが来ますと連絡がきます。その時に、上記のような脈拍と血圧を報告される時があります。報告を聞いた現場のプロたちは、その患者さんが、危機的な状況だと瞬時に判断できます。つまり、詳しい検査しなくても、身体の裏側がわかるわけです。」

医療の現場でも、クイックな判断を行うために「シグナル」が使われているのですね。

ちなみに、この受講生の方はOoniwaさん。過去に何度か記事で紹介した受講生の方です。

Ooniwaさん関連の記事

「L/ S ratio※1も同じですよね。チャートの表面には出ていない裏側の事象がわかるわけです。為替も同じですよね。どこで値段が反転するか絞り込む。ほんと、似てるんですよ。私がトーディングカレシッジ※2で、L/S ratioを学びたいと思った背景には、医療と為替は違う世界ではあるものの同じプロたちが使用しているものは必ず、使えるものであると、思ったからです。」

数値を使うことで表に出ていない裏側の事情を素早く把握することができる。

医療とトレードの関連は考えたこともありませんでしたが、どの世界でも数値を使うことで得られるベネフィットは、大きいようですね。

ハッピー・トレーディング!

 

<注釈>

※1 LSレシオ・・・積まれたポジションの偏りを示す数値・比率のこと

※2 トレーディングカレッジ・・・ココスタの実戦コース

 

<コース情報>

「1日たった500円」トレードの悩みに終止符を打つ
実戦トレーディングカレッジ

「1日たった500円」トレードの悩みに終止符を打つ

  • 2名の現役プロが、実戦で利益を生み出す取引方法を伝授
  • 週5回の早朝コメンタリー☓毎週2本のレポート
  • 週2回の最新映像講義☓7本の速習コース
  • 「1日たった500円」ですべて手に入る
  • トレードが14日以内に変わらなければ全額返金

→ コース詳細はこちら


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.