それぞれの国を比較したとき、ビットコインに資金が流出しやすい度合いを把握する方法はあるのでしょうか?

一つの単純な方法としては、カントリーリスクが高い順に並べるのが分かりやすいかもしれません。

自分の財産を国に置いておくリスクが高いと判断されれば、資金は流出しやすくなりますからね。

またインフレ率が高い国も、流出しやすいでしょう。なぜなら、自国の通貨で置いておくと価値が目減りをしてしまうわけですから、できるだけ「外」に逃がしたいと考えるのは、自然な成り行きです。

それらを計測するための方法としては、各国の政府国債利回りを比べるのが速いかもしれません。

なぜなら、国が資金を借りる時に支払う金利が高い方が、その国の信用度は小さいと考えることもできるからです。

以下は、直近の主要国から10年国債の金利が高い順に並べたものです。

主要国の10年債金利

トルコが横綱で、ナイジェリア・ブラジル・コロンビアと順に下がっていき、一番最後に日本とスイスが来ています。

では次にGoogleトレンドで「bitcoin」や「Ethereum」の検索回数が多い国を確認してみましょう。

本日現在では、以下のような国がランクインしています。

1位 ナイジェリア

2位 南アフリカ

5位 ガーナ

10位 ブラジル


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.