お見事な下落。 

もう、それしか今朝のビットコインを例える表現は見つからないですね。 

地の底まで抜けるかと思うような動きは、久しぶりに野生動物らしさを発揮してくれたのかなと。 

で、今朝のツイートです。

ビットコインに直接の関係はありませんが、株価も後を追うような動きを見せていましたね。

株価の先行指標=ビットコイン?

この連動見てる限りだと、ビットコインをポートフォリオに入れているプレイヤーが下落で耐えられなくなり、指数もたたき売らされたようにも見えます。

株式市場にも、相互の影響を与え始めたのでしょうか。

さてこのビットコイン、一旦は8,000ドルで首の皮一枚を残し8500に「ぶら下がっている」ようにも見えます。

イベントが立て続けにやってくる月末、さらなる下落か、それとも上昇の目はあるのか?

もちろんシナリオを建てることだけしかできないものの、本日配信した「週刊クリプト通信」では以下ポイントをまとめました。

いつも記事を見に来てくれる皆様に感謝して、最初の動画講義を無料公開しています。

vol.106 急落ビットコインの背景を数字で確認&8500はサポートとなり得るかを検証(2019年9月25日)

01-ビットコイン急落の背景にあった条件を確認する

02-急落の背景を確認しておく

03-中長期資金に出ていた下落の予兆と影響度の確認

04-なぜテザー価格はビットコイン急落時に上昇したのか

05-ファンダメンタルズの確認-金利動向

06-上昇開始材料は市場に投下されている

07-暗号通貨ファンダメンタルズの確認とまとめ

さて、これだけビットコインが下げ下げの時に、「06-上昇開始材料は市場に投下されている」というのも、奇妙に聞こえそうですね。

もちろん、これも一つの可能性でしかないのですが、ポイントは以下の記事だと思ってます。

表面的には、「BitFinexが裁判でポジティブな結果を得た」で終わりそうなものですね。

ただ、ここに少し上昇の予兆が見て取れるのです。

過去から今までの流れをつなげていくと、こういうことなのかな?という一つのシナリオではありますが、それを本編で取り上げています。

それでは、早速はじめて行きましょう。

https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups
↑ 続編は「週刊クリプト通信」にて配信いたしました。

ビットコインにはタフな環境ですが、頑張ってもらいたいものです。

ハッピー・ビットコイン!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。