昔の坂田五法というローソク足に、「三空(さんくう)」と呼ばれるものがあります。

ローソクの間にギャップが3回出現したら、だいたい終わりというものですね。

株式のように立会時間が決まっているものには、出現も珍しくないもの。

一方で、24時間365日、私設取引所で取引をされるビットコインには窓が開かないはず・・・。いや、形式的ですが空くことがあります。

CMEで取引されているビットコインは、取引の空白時間ができるので窓開けすることがあるんですね。

ということでビットコイン週足。

う~ん、三空が完成してますね。

もちろんCMEが休みでも、他の私設取引所では動いているのですけどね。

さてビットコインは、昔ながらのローソク足に勝てるか?それとも坂田五法で下げるのか?

あなたは、どう思いますか?

ということで、本日(2019年5月29日)配信したクリプト通信では、このギャップについても触れました。というか相当に時間をかけました。


週刊クリプト通信/月額3,500円(税込)
https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups

今のビットコインは、以下の要素を一つずつ見ていった方が確実かもしれません。

  • 金融アセット全体のバランス
  • 新興国および米国からの資金流入
  • 市場のセンチメント~新規参入者の動向
  • 短期的な需給(ファンディングレート・限月間曲線)
  • 特定のスケジュール(これ大事です)
  • そのスケジュールを重視する参加者が狙う着地点

このあたりを40分程度の動画で配信しました。

毎週1回の動画と、週に1-2回の臨時コメントが届きます。取引方法のヒントなども都度で入れてますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。