5分ほどの間に1,000のフラッシュクラッシュを見せつけ、何事も無かったかのように元に戻したCMEのビットコイン。

こういう激しい値動きを見せる相場とは、どのように向き合ったら良いのでしょう?今週のクリプト通信からイントロ部分を公開してみました。

参考までに少し追加で情報を。

CMEでは、ビットコイン先物に複数限月での取引を提供しています。

先述の強制窓埋めをした日の価格情報はこちら。

CMEビットコイン

11月限月は精算値が9420に対して12月限月は9515。その差は$95ですね。

では「LOW」はどうでしょう?

窓埋めを見せた11月限月は8360!12月限月は9015。その差は$655です。

精算値の違いが$95。瞬間で付けた安値の違いが$655。

今年の年初にニュースを騒がせたドル円のフラッシュクラッシュでも、せいぜい値幅にして3%中盤。

このCMEクラッシュは10%越え。

ちょっとあり得ないですね。後に禍根を残したような気はします。

さてそんな激しさを隠そうともしないビットコイン。次の一手はどのような前提で考えれば良いのでしょう?

最新のクリプト通信からイントロ動画を公開してみました。

続編にご興味ある方は、下のコースから今すぐ受講して頂けます。

週刊クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり

○ 全額キャッシュバック特典あり

○ 返金保証付き

○ 専用 Discord コミュニティあり

ぜひクリプト生活の向上にご活用ください。

引き続き、ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.