ビットコインの恒例行事と言えば、およそ2週間に一度の難易度調整。

原油で言えば在庫統計のようなもの。

動きの出ることが分かっているので多くのトレーダー達が集うイベントです。

ここですべての市場に通じる金言をシェアしておきます。

値段が上か下かは分からずとも、何が、どこで、いつ起こるのかは分かりますからね。

さて本日配信した「週刊クリプト通信」から一部の講義動画を公開しました。

続編は「週刊クリプト通信」にて今すぐ受講頂けます。

→  「週刊クリプト通信」 コース概要を確認する

今週のトピックは以下の通りです。

01 難易度調整に向けて買い戻される展開か?
02 ビットコインを囲む環境は確実に進歩を進めている
03 難易度調整の当日に見ておくべきポイント
04 ハッシュレートと建玉明細から中長期資金の動向を確認
05 建玉から見える反発上昇の芽&急落前に出る徴候
06 乖離率に以上あり~見る指標の精度の変化にご注意を
07 金利とゴールド市場からにじみ出る金余り感
08 チャートを見つつ雑感など&時間別の騰落率とボラティリティ

それでは、明日からも楽しんでいきましょう!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.