株式市場が頭打ちの様相を見せるなか、ビットコインは覆われた天井に穴を開けるかのような勢いで上昇していますね。

7000ビットコインが盗難されたBinance事件からの価格復帰速度や、他のリスク資産と比較したビットコインの値動きを検証してみました。

続編のクリプト通信本編では、以下の内容をカバーしています。

  • ビットコインのレンジ上下限
  • ショートポジションが積まれた価格帯とプレイヤーの考察
  • 5月15日予定のBitcoin Cash ハードフォークに向けた指針
  • CMEポジション動向:新規プレイヤーと持たされた側
  • イーサリアム上昇前に仕込んだインサイダーの足跡を追う方法

お楽しみに!

【週刊クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり】
購読は月額3,500円(税込)

https://direct.cocosta.jp/p/crypto-roundups

↑コース詳細はこちら


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。