しぶとく足元を切り上げるビットコイン、本日4月23日には節目5500ドルを突破してきました。

簡単に状況だけ確認をしておきましょう。

少し引いて全体像を見てやると、他のリスクアセットも堅調に上昇をしていることが分かります。

特に米国と中国の株式市場は、時折調整を入れながら上昇一直線です。

さらに原油に関しては、昨日、米国からリビアへの制裁継続の報を受けて上昇の速度が上がっている状態。

ビットコインだけ取り残されている状況にあることも確認ができます。

ではファンド筋は何をやっているのかというと、CMEでは売りのポジションを拡大させています。

この状況だけ見れば、仮に(仮にですが)BTCが急落した6000のレベルを復活してくるようになると買い戻しを余儀なくされそうですね。

あとはツイッターでコインチェックさん(@btc_dakara)から頂いた、現金の流通量とSP500との比較からヒントを得て投稿したのがこちら。

米国のFedが緩和に舵を切っている今、世界は現金流通であふれかえっています。

ビットコインの値が上がらなくても、法定通貨の価値が希釈化すれば表面上の「値段」は上昇する展開もあり得ますね。

もちろん他にも要素はいくつもありますが、少なくともポジティブな状況に変わりつつあるのは市場参加者の共通認識かもしれません。

頑張ってもらいたいものです。

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。