ビットコインを始めとする暗号通貨で資産を作っている人には、一つの共通点があるように見受けられます。

それは、投機的なことに加えて、技術的な側面にも造詣が深いということかもしれません。

例えば2017年のアルトコインブームでは、ビットコインが抱えていた技術的な限界点を解決する(と思われた)プロジェクトが大きく数字を伸ばしました。

同じく2018年なら、スマートコントラクトの代名詞であるイーサリアムが抱える問題点を解決するようなもの。

そして2019年は、世界が何を暗号通貨に期待しているのかを理解し、ビットコインのセカンドレイヤー技術の進化が市場に与える力学を把握した人が強かったように感じます。

具体的には、ビットコイン一強への回帰をいち早く見抜いていた人たちですね。

こうした情報を取得していた人たちの多くが、技術的な情報の頼りとしていた先駆けの場所は、日本では「ビットコイン研究所」であったかもしれません。

ココスタでも過去に運営の東さんとライブ配信を行いました。

そしてこの度、ご縁がありココスタでも定期レポートを同コミュニティに向けて配信することとなりました。

所属メンバーは業界の一流どころも多く、とても光栄なことだと思っています。

で、運営の方と少し話をしていたのですが、もしココスタの読者の方々から「暗号通貨のこういうことを知りたい」という疑問などが集まるようなら、ライブ配信を共同でやってみようかという話になりました。

そこで、、、

暗号通貨で知りたいことはありますか?

暗号通貨と付き合うなかで、「こういうことを聞いてみたい・知りたい」と思っていることなどありましたら、下のフォームにて教えてください。

例)
イーサリアムはこれからどうなると思う?
アルトコインとの付き合い方はどうすればよい?
セカンドレイヤーと聞くけど、そんなに重要なの?

頂いた質問の中から共通項の多いものをいくつかピックアップして、公開のライブ配信を行おうと考えています。

ぜひ抱えている疑問点など教えてください。よろしくお願いします。


<届いている質問の一例>

こんな質問が届き始めています。結構、硬派な感じですね。引き続き、ご質問をお待ちしています!

”仮想通貨は, 為替や先物に比べると異常に予測不可能な動きが多いと感じています。仮想通貨は, 投機対象として魅力があるのでしょうか? ”

”イーサリアムはこれからどうなると思うか?”

”なぜ現状ビットコインの一人勝ちなのか?”

”RSKなどビットコインのオフチェーンでのスマートコントラクトについてどう思われますか?”


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。