利確や損切を行う際に、なにか客観的なポイントを自分のルールで決めてつかっている人も多いですね。

例えば、「入り口から〇〇TICK走ったら」や「投下ロットの〇〇%に到達したら」という決め方が代表的かもしれません。

逆に市場参加者が、利確・損切を置いている場所にポイントを定め、そこから投下ロットを逆算する方法もあります。

仮に後者を使っている場合は、何か決まった方法論がある方が迷わずに済みますね。

これを決める一つの手がかりとしては、インプライド・ボラティリティが使えるかもしれません。

これは、簡単に言えば、オプション市場で約定している総ポジションから逆算して、市場参加者が見込んでいる値動き幅を数値化したものです。

8月4日に配信したトレーディングカレッジ内の動画レポート「深読み」では、ドル円の着地点をインプライド・ボラティリティから計測する事例を紹介してみました。

エクセルの計算シートも添付しているので、自分なりのカスタマイズをする場合の参考になるかもしれません。

※ インプライド・ボラティリティについては動画内の3分12秒あたりから。

上の動画は、「実戦トレーディングカレッジ」講義内のイントロ部分を無料公開したものです。


https://direct.cocosta.jp/p/procom

↑ 実戦トレーディングカレッジコース案内はこちら


なお、本編の動画では、以下をカバーしています。

〇 FOMCとトランプ砲で沸きに沸いた7月最終週を振り返る

〇 興奮の陰に隠れている無理なポジションを見つける

〇 ドル円はカレンダーと相談が必要な局面

〇 ユーロをさらに売り込むのが危険な理由

〇 ファンダ好転の原油ねらい目は?

今週も、楽しんでいきましょう。

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.