月に変わってお仕置きよ!相場も月に影響を受けるのでしょうか?

下は日経平均に月の満ち欠けを重ねたもの。2月5日(火曜)が最近では新月●でした。いかがでしょう?

月の満ち欠けを日経平均に重ねたもの

「時としてピークになることもある」という感じかもしれないですね。

さて日経平均は、少しだけ気になるファンダがあります。

株式に影響を与える指標に、バルティック海運指数があります。海上輸送の指数だと思ってください。

輸送と株式市場のひも付きは歴史が古く、昔から支持者の多いダウ理論でも言及されています。

例えば株価は良くても輸送の指数が悪いと、以下のようなサイクルが想起されます。

  • 足元の株価は良くても、輸送の指数が悪い
  • 現物(商品や原料)が動いていないことの表れ
  • 足元から業績が悪くなり株価も落ちる傾向がある

そのバルティック海運指数は今、滝壺にダイブするかのような下落を見せています。

バルティック海運指数とダウ平均(青線)

これだけで株が下落する理由にはならないですが、2月5日が新月だったので気になってしまいました。

ドル円も110円にいますし、動くならそろそろかもしれません。

最後はビットコイン。

ビットコインに月の満ち欠けを重ねたもの(2月5日ツイートから

こちらは動きませんね。ボラティリティが小さく参加者も減少しているイメージです。

ただ、少しだけ変化の兆しも見えています。

マルチハッシュ・インデックスの下落指数

上はハッシュレートに幾つかの指数を掛けた「マルチハッシュ・インデックス」の30日最低値を拾ったものです。

指数が下を掘ることをストップしてから、すでに45日以上が経過をしています。

上昇はしていないですが、「下落していない期間」は2017年12月以降で最大となっています。

ファンダメンタルが底入れするなら、新しい局面が出てくる「かも」しれません。

株もビットコインも、全部上がるのが一番ですけどね。

楽しんでいきましょう!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木徹(ささきとおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名超の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「BitcoinGeekend」では購読者が2,800名を超える。株式会社ファム代表取締役。