トレーディングビュー(TradingView)が利用者を伸ばしていますね。

最近は大手のブローカーさんも、利用者向けの画面で採用したりされているようです。

ココスタでは2014年にブログ記事で紹介したのが最初でした。

YouTubeに当時の画面が残ってますから、5年前はどうだったの?と興味ある方は、ご覧になってみてくださいね。

参考:未来志向のチャートが凄い3つの点

さてチャート機能の中で1つ便利なものがあります。

意外と知られていない(かもしれない)機能で、他の人が作成したチャートをシェアできるというものがあります。

参考:チャートを共有する方法 (TradingViewのページへジャンプ)

つまり作成されたチャートのURLさえ受け取れば、一から作り直す必要がないというものです。

例えば、ココスタで提供している「ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編 」のコース(こちら)では、下のような作成済みチャートを配布しています。

CMEポジション動向(ビットコイン)確認用の作成済みチャート
~ 「ビットコインで国境のない富を築き守る完全ガイド実践編」から

これはCMEで取引されるビットコインのポジション動向を、一発で確認出来るものです。

意外と作成に手間が掛かるので、受講生向けに閲覧用URLを配布しています。

ただ時として、1つの画面を拡大して詳しく推移を追いたい場合もあるでしょう。

ところが閲覧用の画面には、分割された画面の1つを拡大する機能が見当たりません。

もう無理なのでしょうか?

いえ、実は隠れショートカットキーを使うことで、画面を拡大することができるのです。

以下は、その方法をまとめた動画です。

シェア画面の一部を拡大する方法~TradingView使い方のヒント紹介

こちらの動画は、2019年10月10日に「トレーディングビュー徹底攻略」内にアップした講義から公開したものです。

ぜひ試してみてくださいね。


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.