こんにちは。変わらずビットコインさんは好調ですね。原稿を書いている2020年11月5日現在、14,500ドルあたりを気持ちよく快走しています。

さて、市場参加者が思い始めているのは『いつ最高値の19,500ドルを突破するのだろう』という点かもしれません。

今のビットコイン市場を見ていると、マウントゴックス高値に迫っていた2016年後半に近い匂いを感じる・・・という人も多いのではないでしょうか?

もう超えることがないと誰もが思っていた最高値が射程圏に入ってくると、急になんだか市場がソワソワし始める。当時は、そんな空気でした。

とりあえず臨場感を感じるために、当時のチャートを16.18倍(フィボナッチ×10倍)して貼ってみました。

今現在の値位置と近くなるので、当時の感情をリアルに復元できるかもしれません。

マウントゴックスで付けた高値を更新したチャートを16.18倍したもの
https://www.tradingview.com/x/cGfFo9DC/

もし当時が再び繰り返されるのなら、こんな感じになりそうです。

  1. このまま最高値19,500ドルをアタック
  2. 19,500到達と同時に反落開始
  3. 12,500まで1週間で下落
  4. サポートが入り1ヶ月半ほどで再び19,500を再テスト
  5. そのまま2万ドルも突破し22,000ドルを付ける
  6. 再度反落。1週間をかけて15,000ドルまで下落
  7. 再び買いが入り上昇再開
  8. 1年間ほどストレートに上昇し3,000万円到達(30万ドルですね)

これ、単純に2016年から2017年末までの値動きを16.8倍しただけのものです。

でも、、、なんか「否定しきれない感じ」はありますね。

さて今から一年後の2021年11月、どうなっているでしょうね?また答え合わせでもしてみましょう。

ハッピー・ビットコイン!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.