ビットコインが1万ドルを超え、がぜん盛り上がってきたように感じますね。

DEGさんがツイートされていたのを借りてみます。

「ビットコイン半減期」の検索数は過去最高。年初から一直線の上昇で、市場の興味を引き付けていることが分かりますね。

さて、暗号通貨市場の中でビットコインの時価総額が占める割合を示す「ドミナンス」という言葉があります。

直訳すれば「市場占有率」ですね。

そのチャートに幾つかテクニカル的な書き込みをしてみました。

ビットコイン・ドミナンスにテクニカル分析を書き加えてみた図

これに意味があるかどうかは脇に置いておいて、今は興味深いポイントに来ていることは分かります。

  • 半値50%戻し
  • Fib1.618延伸
  • 過去の水平線
  • RSI撃沈

仮に一旦戻すならアルトコインは調整。

戻さず突っ切るならビットコインはさほど上昇せずアルトが沸騰することになります。

さてどうなりますでしょうか?

今のデリバティブ加熱とアルトのバブル感を見ている限り、一旦はビットコイン調整でアルトも下落・・・という展開が頭にはよぎります。

ただ、行くときは突き抜けるまで行き着くのも暗号通貨。

お手並み拝見と行きましょう。

【追記2020/02/17】

その後、ドミナンスは50%戻しのポイントで見事に跳ね返りました。

値段以外の要素にテクニカルを使ってみるというのは、いろいろな局面で有効になることがあります。

なかなか興味深いですね。


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。「ビットコイン・ブロックチェーンスクール」では投資部門担当。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.