クリプト通信Vol 123号から(2020年1月29日配信)

ついにビットコインが100万円を復帰しましたね。

2020年は7150ドル近隣から立ち上がり、1月も終わりが近い本日は9300ドル半ばに到達。

上昇率に換算すると1ヶ月で約30%の上昇という派手な動きを見せつけてくれました。

せっかくですから、他の代表的な取引の銘柄と比較をしてみましょう。

ビットコイン、SP500、WTI原油の1月騰落率

年初からイラン問題で急落した株式市場(SP500)は、年初からの上昇率が1%未満

おなじくWTI原油は-12%。見るからにビットコインの一人勝ちですね。

ついでに2019年の立ち上がりを起点に比べてみると、さらにその差は広がります。

ビットコイン、SP500、WTI原油の1月騰落率 (2019年1月~2020年1月末現在)

ビットコイン138%に対し、SP500は30.5%、WTI原油は16.55%

もちろん下落するときも気持ちよく最速で滑り落ちるのも、ビットコインの風物詩。

もし19年の「ど高値」でつかんでいれば、未だにマイナスです。

結局は「いつ」参入するかが明暗を分けていることも明らかですね。

ところで世間の動向を見ていると、今は「ビットコインの現物を持つ」ことで御利益を得られるタイミングが目の前に来ているようです。

なぜそのようなことが言えるのか?下の動画でまとめてみました。(クリプト通信の講義から公開をしています)

参考にしてみてくださいね。

さて今回のクリプト通信はビットコイン100万円復帰を記念して、特別長編版。

大口の仕込みを探し出すコツも講義内で学んで頂けます。

まさに上ツイート内に大口の仕込み場所が見て取ることができるのです。

分かる方には一瞬ですね。もし「?」という方は、続編の動画でご確認いただけます。

ビットコインのように資産規模がまだ小さいアセットは、大口が仕込みを終えた後に大きな値動きへと発展する場合も数多く見受けられます。

足跡を追う方法を知っておいて、損は無いかもしれませんね。

さて今回の長編シラバス目次は以下のとおり。

01 今はビットコインの「現物を持つ」ことに意味がある(公開)
02 難易度調整を挟んだ値動きのクセを事前に理解しておきましょう
03 ハッシュレートと調達金利から見た「調整」の可能性
04 支持される価格帯を事前に確認しておく~採掘原価・建玉動向・プライスアクションから
05 CMEとMtiMexの建玉比率から、上昇がきつくなるタイミングを特定する方法を知っておく
06 上昇の前触れとなった大口の買いが明らかに見えるポイント
07 Binance先物への市場参加者移り変わりから見るサポートレベル
08 ターゲット・バイイングの仕込みが観測されている&まとめ

合計で動画8本、合計で1時間10分の動画講義となります。

受講に特別な知識などは必要ないので、ご安心ください。

スッと頭に入る内容の方が、再現もしやすいですしね。

ご興味をお持ち頂けましたら、ぜひ続編をご覧ください。

続編は以下のコースにて今すぐ受講頂けます。

週刊クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり

○ お得な2ヶ月分無料受講付きの年間購読あり

○ 全額キャッシュバック特典あり

○ 返金保証付き

○ 専用 Discord コミュニティあり

○ ブロック生成時間タイマーへの無料アクセス付き(Discord内)

ぜひクリプト生活の向上にご活用ください。

引き続き、ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.