先日のアンケート記事「チャート背景は何色が良いですか?」では、48時間で71件の回答を頂きました。

この記事では、回答から見えてきた「もっとも使い勝手の良いチャート色設定-TradingView」についてまとめてみます。

背景色の人気は白と黒で二分という結果

まずは背景色の人気からです。

背景色の人気ランキング

完全に2強で分かれることとなりました。

① 白色(ホワイト)42.3%

② 黒色(ブラック)38%

さらにコメント欄で貴重すぎる意見を多数頂きましたので、その一部を紹介してみます。


初心者の視点ですが、Tradingviewの初期画面が白なので、講義の時は白のほうが違和感なく同じことに安心します。反対に黒だと設定が違うことに意識がいきます。

→ 確かに初期設定が白色なので、取引を始めて時間が短い方だと「設定の違い」に意識が取られてしまいますね。新しい自転車に乗るとペダルの傾きに意識が取られるような。納得です。

佐々木先生
お久し振りです。私自身は、ブラック使ってますが、講義はホワイトでも良いかもと思っています。ブラックは目に優しいとか消費電力が少ないかもという理由ですが、ホワイトは頭に残りやすいイメージがあります。私自身は、現在原油とCADのアーブをやってみています。なかなか難しいところもありますが、なんとか身につけたいと思います。それではまた。F様

→ これ大事なんですよね。取引時と受講時の色が同じである必要は無いという点。長年複数のコースを受講頂いている実力者の方なので、説得力も大きいです。

背景の黒は困ります。
印刷すると、黒のインク使いすぎでべっとりし、更に見ずらいです。
ロウソク足の色ですが、上昇は赤か濃いピンクで明るい色、下落は青、緑、など暗い色にして欲しいです。
画像をコピーしたとき、マイテキスト用に色を直しています。
それか、直しやすいように、黒だけで実体を塗るか塗らないかにして欲しいです。

→ 確かに背景が黒だと、インクで紙がヘロヘロになりますね。インク代もかさむし、印刷対応は大切と理解しました。

本来は黒背景が好きなのですが、見本画像の黒背景はダメですね。ローソクの色が暗過ぎて、背景とのコントラストが低く、目が霞んだかの如く見辛い。

→ 背景とのコントラストも適切である必要がありますね。眩しすぎず視認性が良いこと。理解しました。

一般に黒ベースの白地の方がユニバーサルな識字性はよいと言われていますが、自分は相場が上手く動かないときに気が重くなるので白にしています(笑)

→ 確かにメンタルが沈んでいるとき、暗い画面を見ると飲み込まれてしまいそうになるかも知れないですね。

見た目の格好良さで選べぶとブラックです。ただし、私は背景を少しベージュ色で、陽線(白)、陰線(黒)にしております。

→ ベージュ色、つまり「ペーパーカラー」の方が受講には適していますね。

ブラック系は網膜か脳か分かりませんが、視線を変えると残像が見えます。

→ ブラウザなどは標準設定の背景が明るいので、普段の環境と比較して違和感を感じることはありそうですね。

かねてから私も気になることでした。改めて、試してみました。グレーが見やすく気持ちも落ち着きます。目にも優しいように感じました。検証のためのプリントアウト時は色を変えるのでいいと思います。

やはり印刷対応の自由度が必要ですね。

この色設定に落ち着きました

頂いたご意見、ポイントなどをまとめ、講義でのチャート色は以下の設定を選ぶことにしました。

https://www.tradingview.com/chart/SYPlY5X3/

↑ 上のリンクで設定したチャートを表示することができます。

以下は設定で使った色です。もしご興味のある方は、試してみてください。

  • 背景色:fdf5e8

Paper White と呼ばれる色で、紙に近い色合いを目指しています。

https://encycolorpedia.com/fdf5e8

自分が使っているEIZOモニタも、「Paper」の色設定が標準搭載されています。少し黄色系の色で表示されます。

ブルーライト遮断グラスも黄色がかった色をしていることからも、目に優しい色であることが分かります。

  • ローソク足:192334

ローソクは中抜きにしました。これなら白黒で印刷できますから、コスト削減出来ますしね。

色はシアンブルーの陰を濃くしたもの。TradingView のダークテーマで使われており、個人的に目に優しく気に入っています。

最後に、アンケートへ記入を頂いた方、記事を見て頂いた方、貴重な時間を割いて頂きまして、ありがとうございました。

皆さんのチャートが心地よい色設定になりますように!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

    4 replies to "【決定】もっとも使い勝手の良いチャート色設定-TradingView"

    • アバター TY

      早速セピア風とシアンブルー濃厚色を試してみました。 白よりも目に優しく、ろうそく足も印象に残るのでとてもいいと思います。
      今までブラック背景でしたが、その理由が夜間目に優しいことでしたが、セピアもなかなかいいです。
      実は、PCのモニターを夜間モードに設定していたので、ほかのサイトの色と親和性もあります。

      • 佐々木徹 (ささきとおる) 佐々木徹 (ささきとおる)

        なるほど他サイトの色との親和性は考えてなかったです。目に優しい環境が一番ですね。コメントありがとうございます。

    • アバター 笑富

      とても興味深い企画だなと思いアンケート回答させていただきました(´ω`)

      EIZOのオートカラーモード「Paper」は本当に目に優しいと思います。
      (僕は EV2451-RBK を使っています)

      「サーカディアン調光を有効にする」の設定
      最大値:5500K 最小値:4000K が丁度よい感じです。

      +ブルーライトカットのメガネですね。

      僕の場合はEIZOとf.luxを併用すると画面が黄色くなりすぎて逆に目の疲労感が増すことが多かったので、まずはディスプレイを精査して選んで設定の手間を怠らず自分に合った環境を突き詰めるのが最終的に一番コスパ良い行動になるんじゃないかと思います

      チャートの色も大事だけど、使っているディスプレイのアンケート取るのも面白いかもしれませんね。個人的には次の買替時の参考になるので超興味あります♪(m・ω・)m

      • 佐々木徹 (ささきとおる) 佐々木徹 (ささきとおる)

        確かにf.luxのアプリとEizoのPaperモードを併用すると、なにか夕暮れのなかで手探りする感がありますねw。
        普段は自分もf.luxは使わずPaperMode一択が多いです。モニタのアンケートは、何か機会があれば考えてみます。コメントありがとうございます!

Leave a Reply

Your email address will not be published.