パウエル氏のジャクソンホールで上下の「行って来い」。締めくくりは安倍首相の辞任ニュース。

2020年8月24日の週は、なかなかのドラマでしたね。

それにしても安倍首相、本当に長らくの間、ありがとうございました。

新型コロナのような「相手が見えない」状況を一定の範囲でコントロールできたのは、やはり安定政権の安倍首相だったからでしょう(あくまでも個人的な見解です)。

さて市場の方も激しく上下を繰り返しました。

為替では、市場がユーロに気を取られている間にポンドが急騰。まさに「漁夫の利」な通貨でした。

8月24日週のポンド(GBPUSD)
8月24日週のポンド(GBPUSD)

前週には「ダブルトップもどき」を形成し、「反落か」と思わせるようなそぶり。

結果的に「ダブルトップもどき」をぶちぬいての上昇。見た目を裏切ってくる感じ、「まさしくポンド」ですね。

では上昇を主導した理由は何だったのでしょうか?

今の市況を理解するのに役立つのではないかと思いましたので、2020年8月22日に配信した講義の一部を公開してみます。


コースのご案内

実戦トレーディングカレッジ

勝ち続ける現役プロ2名の実戦取引から「今の」市場を学び、トレードの悩みに終止符を打つ

コース案内はこちら(9,000OFF


ポンドが上昇した理由は「消去法」で選ばれたから

8月31日からの週も、新しい動きが出てきそうですね。

8月29日に配信した講義のタイトルはこちら。

8月29日配信の講義タイトル

No 138. さあ9月だ!(2020年8月29日)

01 9月に特徴的な値動きをするゴールド&ビットコイン
02 米国の金利上昇を市場は織り込み始めている
03 通貨はグループ化すると分かりやすい|流出通貨・流入通貨
04 ポンド上昇の内側|この上昇は続くのか?
05 ゴールドは日柄と金利とユーロの力関係
06 オプション市場が織り込む原油・ゴールド・シルバーの上限と下限
07 ドル円は取り残されている~買われやすい理由
08 挟み込まれてしまった原油市場|小口玉を追ってチャンスを見つける方法


もちろん、吉中講師の定期レポートも配信済みです。

こちらでは、原油市場が動かない時にディーラーが「どこで、何を使って」稼ぐのかまで言及をしてくれています。

てんこ盛りです!

今週も楽しんでいきましょう。

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.