この度の新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。

災い転じて福となす・・・となるといいですが、コロナウィルスは夏にかけて「日本買い」をもたらす可能性がありますね。下の動画で説明しています。

さて、今週のトレーディングカレッジでは、ゴールドの動向について深掘りをしました。

01 コロナが日本買いをもたらす理由(公開イントロ)
02 日経VS米株スプレッド
03 ゴールドの足元を支えてきた材料が消え始めている & 原油下落の背景と投機筋動向
04 為替は安全資産の中で資金循環を活用する

荒く動く市場では、「上か下か」よりも市場構造を使った取引が適している場合もあります。

銘柄間のつながりを使う。投機筋の動向から「戻るべき水準」を知る。

地味なヒントを集めて土台を作り、荒い値動きを乗りこなしたいものですね。

そうした「内側から見ていく」アプローチなどにご興味ある方は、ぜひトレーディングカレッジにお越しください。

実戦トレーディングカレッジ案内ページ

それでは、今週も楽しんでいきましょう!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.