ビットコインのボラティリティを取引する「Move」契約が人気になっていますね。

値段の上下は関係なく、値動きの幅そのものを取引する設計。

オプションを通じてのみ可能だった取引が、チャートの値幅感で取引できるようになった点が、支持を集めている一つの要因でしょう。(MOVE契約)

このMove契約、ビットコインの値動きが消えている昨今、大幅に下落を進めています。

現在のMove期近(2020年Q3限月)

上の画像はQ3限月、つまり2020年9月末日に精算をされる契約が 2,000 を割り込んでいるところ。

現在のBTCUSD価格が 9,500 USDですから、現状の市場は以下を織り込んでいることになります:

2020年9月末のビットコイン価格は下のうちいずれか。

  • 11,500  以下
  • 7,500  以上

この記事を書いているのが7月23日。契約が精算されるまで、2ヶ月と1週間ですね。

変動率にすれば、2,000USD / 9,500 USD = 21% となります。

試しに2018年以降の60日間変動率を計算してみました。

青線は60日間の変動率、オレンジは青線の60日平均線。ちなみに全期間の平均変動率だと、およそ25%ですね。

参考までにGoogleSpreadsheetの元データを貼っておきますので、必要な方はご覧になってみてください。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1SWPkwhshoo38sN4ljVGGQPBcSBV3ZyZGxcvCcvGzCDc/edit?usp=sharing

さて、ボラティリティの取引は動きが出ると、地雷爆発で吹き飛ばすような動きをすることがあります

2018年には事実、野村ホールディングス発行「VIXベア」証券が踏み上げで飛ばされ、一晩で96%の価値をロスした上に強制清算されたことがありました。

上場投資証券「VIXベア」(2049)、1日で価値9割消失 米株の急落受け

さらっと言いましたが、一晩で96%の下落です。100万円の元本が一晩で4万円

こうしたリスクがあるのも、ボラティリティの商品ならではですね。

なお、2020年7月22日に配信したクリプト通信でも、Moveに関して取り上げました。

クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり
クリプト通信(2020年7月22日配信)講義内のスクリーンショットから

カギはどの時間を味方に付けるかという概念になりそうです。


【参考:コース案内】

クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり

コース詳細はこちら>


これでビットコインが気持ちよく上昇してくれれば、参加者も戻ってきて、さらなる動きが出ることになるでしょう。

はやくビットコインには元気な姿を見せてもらいたいものですね。


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.