夫がコロナ期間に株取引の中毒になってしまいました。退職金の積み立てを止めるばかりか、積立残高まですべて、ロビンフッドのアプリに投入しています。大丈夫なのでしょうか?

tampabay.comから
Dear Penny: I think my husband is gambling away our future on Robinhood
https://www.tampabay.com/news/business/2020/09/07/dear-penny-i-think-my-husband-is-gambling-away-our-future-on-robinhood/

こんにちは。ココスタでトレード教育の運営をしている佐々木徹です。

正しいお金の知識を広めることで、好きなことに時間を費やせる人を増やそうと、がんばって活動をしています。

さて最初に書いたのは、米株の無料取引アプリ「ロビンフッド」に財産を突っ込んでしまった人の奥さんから届いていたメッセージです。

テスラ株など個人投資家にも人気の銘柄は、3日間で20%を下げたりしています。

ロビンフッダーでも、ハイレバ組には少しつらい展開だったかもしれませんね。

この記事では、なぜ9月の入り口で相場がナイアガラのような下落をしたのかを振り返ってみたいと思います。

9月という時期のクセ

もともと一部の取引対象は、9月前半は動きが重たくなるというクセがあります。

9月という時期のクセ
ビットコインが1万ドルまで下落した理由
https://youtu.be/xrvjtLajeCw

こちらは「緊急解説:ビットコインが1万ドルまで下落した理由」動画のスクリーンショットです。

過去3年間の「9月部分」をハイライトしたのが水色の部分です。並べたのは、ダウ平均、ユーロ、ビットコイン、ゴールド。

よくみると、9月の入り口で売られています。入り口で耐えていたユーロも9月中旬から「倍返し」で下げ。

そして2020年9月も「入り口はドン下げ」。

理由のひとつは、ファンド決算の影響も関わっているようです。

9月入り口で相場が下げた背景
CFTCポジションと金利動向 (2020年8月29日)
トレーディングカレッジ配信レポートから抜粋
https://direct.cocosta.jp/p/procom

もちろん、米国の金利に上昇の圧力が掛かっていたことも挙げられるでしょう。

このあたりは、短期から長期までの金利を比較してみると分かりやすいです。

「金利上昇を市場は織り込み始めている」(2020年8月29日)
「金利上昇を市場は織り込み始めている」(2020年8月29日)
トレーディングカレッジ配信レポートから抜粋
https://direct.cocosta.jp/p/procom

この影響もあってか、9月入りしてからは実質金利も上昇。

ゴールドやビットコインの上値を阻む要因となりました。

あとは通貨同士で「行ったり来たり」する資金を観測するのも、次に「来る」ペアを探すのに役立つことがあります。

売られやすい通貨ペアは日柄と建玉で見つける
「売られやすい通貨ペアは日柄と建玉で見つける」(2020年9月5日)
トレーディングカレッジ配信レポートから抜粋
https://direct.cocosta.jp/p/procom

たとえば9月7日の週であれば、英ポンドから資金が抜けやすい状況にあることも分かります。

「外堀」を埋められた市場は下落の圧力を受けることとなります。

結果的に割高なレベルから買い上げられていた米株が急落。ロビンフッドで建てられたハイレバ玉を巻き込み下落を加速させます。

3日間で20%超の下落をしたTesla株
3日間で20%超の下落をしたTesla株

ここからの展開は、実質金利などの屋台骨に掛かってきそうです。

さて9月8日からは米国勢も連休明けで市場に戻ります。

新しい動きが出てくるかもしれませんね。今週も楽しんでいきましょう。

ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.