投資で目指すべきゴールをどこに設定すべきなのか。2020年5月29日配信の吉中コメンタリから一部を一般公開しました。


定期的に筆者のもとに質問が寄せられる中で最も多いテーマが

  • 投資で稼げる様になって仕事をやめたい
  • 早期にリタイアして投資で生活したい

というもの。

「稼げるように」とは一体幾らくらいなのか?

「投資で生活」する上での水準は?

といった事も曖昧な状態の人が大半ですが、ひとつ明確なのは、多くの人にとって「投資」は、稼ぐための手段として他とは異なる特別な領域にある存在、という事は感じます。

確かに、改めて「投資(で稼ぐ能力)」というものを客観的に見ると、言語、スペース、時間問わず世界中のどこに居ても収益を生み出す事ができる能力。

これは“ちょっとした”ものであり、特に、今後の日本と世界情勢を見据え、体得したい技術・能力であると考える人が多い事は理解できます。(筆者も強くおすすめします。)

ただ、一様にハードルが高すぎる

どこから得た知識や情報かはわかりませんが、多くの人たちに「毎日5分のトレード」「一億円稼ぐ」といった考えが定着してる。


「1日たった500円」トレードの悩みに終止符を打つ

出典:
実戦トレーディングカレッジ


筆者も、また筆者の周りのファンドマネージャーやプロのトレーダーも似たような考えを共有していますが、「毎日5分」は非現実的であり、また「一億円稼ぐ」も正直あまり意味ないですよ。

投資とは、基本的には自身の領域内での活動であるため、「毎日5分(で稼ぐ)」は考えられない。

また、「一億円」稼いでも守り方を知らない人が95%ゆえ、稼ぐ事自体に意味は無い

もう少し現実的に考えた方が良いと思います。

仮に、持続可能な20万円/月が体得できれば凄いでしょう。筆者も、プロの運用者も同様に考えます。

世界中、どこに居ても20万/月稼げるのです。とんでもない能力でしょう。

固定観念を捨てて考えると、その凄さが理解できると思います。

吉中


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

佐々木 徹(ささき とおる)・・・トレード教育者。暗号通貨・コモディティ・為替まで取引方法が学べる「ココスタ」の運営責任者であり、トレーダー、起業家、マーケティング戦略家。4,000名程の受講生をもち、「時間と収益を自分で作り出す人を増やす」をライフワークとする。英語圏向けYouTubeチャンネル「Bitcoin Geekend」では購読者が2,700名を超える。株式会社ファム代表取締役。

Leave a Reply

Your email address will not be published.