『#東証システム障害』 が話題ですね。取引所の停止で損失をかぶる人も様々ですが、やはりトレーダーがかぶる「思わぬ損失」こそ恐ろしいもの。

冒頭の動画では、過去にあった「寄り付き無効でトレーダーが爆損を被った」話を紹介しました。

原文については、下の記事を参照くださいませ。

※ 東証ではなく、あくまで他の取引所での話です。

---

筆者も相場に入って20年経過しましたが、「システム障害」「取引停止」の経験は何度もあります。ベンダー単独のものもあれば、市場運営者である取引所によるものもあります。いずれにせよ、大半のケースで“こちら”が負わされる事になります。

額の規模や度合はそれぞれですが、最も驚いたケースを紹介します。

「3日前の取引に関して、値幅制限を超過した水準で市場が(安く)寄り付いた。ついては、寄付き時に成立したオーダーを無効とさせて頂く」といった事がありました。

誰も知らないような私設取引所の話では無く、世界的に知られた公設取引所です。余りのあほらしさに、筆者としては「はい?なんて?」と答える事しか出来ませんでした。

筆者の場合は、事前にショートポジションを保有しており、事が起こった時のオーダーは「買戻しのためのロング」。つまり利確を意図したオーダーでしたが、「買い」が無効になった事から、ショート(売り)が市場に残された状態に

その後、マーケットは急騰する事になったのですが、幸いにも、ショートを保有した同水準で“切り(買戻し)”事なきを得ました

ただ、問題なのは無効になった商いで「新規ロング」したトレーダー

当然、トレーダー自身はロング保有している認識であるため、幾らか上伸したところで利確の売りオーダーを出します

ただ、ロングは無効となっているため、トレーダーの売りは「新規」扱いになります。

その後マーケットが急騰した事から、トレーダーは自分の知らないところで大きな値洗い損を抱える事に。時すでに遅し、事実を知ると同時に問答無用のロスカット。

といった嘘のような本当の話でした。

リスク管理とは、ロスリミット云々だけの話ではありません。

---

以上は「実戦トレーディングカレッジ・吉中コメンタリ」2020年10月2日に配信されたコメントの一部を抜粋してお送りしました。


【コース情報:初月半額クーポン付き】

実戦トレーディングカレッジ

勝ち続ける現役プロ2名の実戦取引から「今の」市場を学び、トレードの悩みに終止符を打つ。

コースの詳細はこちら>


コース案内中の「カリキュラム」では、無料受講できる講義も解放してあります。気軽に「無料視聴」をクリックして活用されてくださいね。

それでは、ハッピー・トレーディング!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.