ビットコインの最重要指標を選ぶとするなら、どのような基準で選べば良いのでしょう?

すぐに思い付くのは、以下のような条件かもしれません。

  • 信頼できる客観的なデータが入手できること
  • プライスより先に動く指標であること
  • 大多数の人が注目していないこと

だれも注目しないビットコインの最重要指標を書いてみる

私が条件に当てはまる指標の候補をひとつ挙げるのなら、「市場に参加するトレーダーの人数」を選びます。

下のグラフが分かりやすいかもしれません。

「03 CMEの建玉は資金流入を前提に組まれている|見るべきポイント」
クリプト通信(2020年8月26日)講義から

グラフ内の灰色線はビットコイン現物価格の推移。青色はトレーダー数の推移を重ねたものです。

なぜ参加者の増加が影響を与えるのかは、下のツイートを参考にしてみてください。

なお、トレーダーの人数は以下のリンクから確認することができます。

https://www.cftc.gov/dea/futures/deacmesf.htm

文字検索でBitcoinを見つけ、「NUMBER OF TRADERS」を確認すればOKです。

8月18日時点の数字が94となっていて、スクショ内のグラフと同じになっていることが分かります。(週ごとに数字は更新されます)

もう少しディープな見方・使い方を知りたい方は、「クリプト通信」を参考にしてみてください。


クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わり

動画講義、ビットコイン研究所への定例レポート・Discordコミュニティ独自アラート付き。
1,380円(週間)~

受講案内はこちら>


ビットコインには、過去の最高値を軽く抜き去って欲しいところですね。

ハッピー・ビットコイン!


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.