6万ドル突破を目前にしながら煮え切らないビットコイン。このままの膠着状態は、どこまで続くのでしょうか?本日4月8日に配信したクリプト通信から講義の一部を公開でシェアしてみました。

クリプト通信のコース案内はこちら>

00 外堀は上値をサポートするもデリバティブの高騰が自ら上昇を止めているビットコイン
01 3月末までひたすら金利が上昇した背景とビットコインへの影響
02 売り手がおらず定期的な買手が底値を切り上げる状況
05 米企業のBTC現物買い合意レベルは1ショットで届くレベルに

今のビットコインは、米国企業の現物買いで支えられていますね。つい先日も、ビットコインを積み上げる社内政策で有名なマイクロ・ストラテジー社が購入報告をしていました。

15 million USDで253ビットコインの購入。積みますね~。

それにしても、4月はビル・フアン氏の巨大ポジション破綻のニュースで持ちきりでした。

積み上げていたのがビットコインなら、破綻せずにすんだのに。もったいないですね。

とうことで、今週配信したクリプト通信から一部の講義内容をシェアしてみました。

ファンダメンタル・参加者の建玉動向・テクニカルを組み合わせてビットコイン買われるレベルを特定する流れなども盛り込みました。

以下は今週号のシラバスです。

00 外堀は上値をサポートするもデリバティブの高騰が自ら上昇を止めているビットコイン
01 3月末までひたすら金利が上昇した背景とビットコインへの影響
02 売り手がおらず定期的な買手が底値を切り上げる状況
03 インプライドボラティリティ~BTC派もETHを見ておくべき理由
04 CME建玉はレバレッジファンドの変化に着目~6万をブレイクするか?
05 米企業のBTC現物買い合意レベルは1ショットで届くレベルに
06 短期建玉からも現物買いの強さが垣間見える
07 全部をまとめて見えてくるビットコインの取引想定レンジ
08 普段なら売り込まれている今~だからこそFOMCは注目すべし

続編はクリプト通信で今すぐ受講をしていただけます。

クリプト通信|暗号通貨に翻弄されるのは今日で終わ

それでは、今週も楽しんでいきましょう。

ハッピー・ビットコイン!

【訂正とお詫び】

配信の日時を4月8日と記載いたしましたが、正しくは4月7日でした。お詫びして訂正をいたします。


佐々木徹 (ささきとおる)
佐々木徹 (ささきとおる)

40代からの自由な時間と収益を作るトレード教育を行っています。ビットコイン / ゴールド / 外国為替 の取引方法が学べる「ココスタ」運営(受講生4,800名)。現役トレーダー / 米CMT検定1級保有 / ビットコイン研究所ライター / 株式会社ファム代表取締役。受講に関するご質問など、気軽にお問い合わせください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.